FC2ブログ

ケーブルロック COCON

バイクを駐輪する時には、何らかの施錠が必要です。走行に全く相反するアイテムですが、残念ながら必需品。
そんな訳で、出来るだけコンパクトで軽い錠が便利なのですが、安全性を考えるとある程度の質量も必要なアイテムでも有るのです。
本日ご紹介の商品は、そんな需要にジャストミートな錠であります。
CROPS COCON

IMG_20210514_143424.jpg

写真では使用上のイメージが伝わりにくいですので、コチラを見ていただけると分かりやすいかも。
太めのコイルを採用しながらもコンパクトに収納出来る、アーバンライドに最適なコイル錠であります。
税込当店価格¥1980なり。

TL-BR professional DISC BRAKE BLEED KIT

大層な名前のついた商品ですが、なるほど内容を吟味すればシマノDISCブレーキメンテナンスツールの集大成的なキットの入荷です。
13098630_allitem.jpg

つまりTL-BR001、TL-BR002、TL-BR003にブリーディングスペーサー各種を加えたセットとなります。
先ずは注射器にセットするホースの両先端部分の紹介から。
ブリードニップルツールはブレードニップルとの抜き差しが簡単確実に行えます。
13098630_img1.jpg
もう一方の注射器側は、ネジで接続することにより不意の脱落を防ぐ仕組み。
13098630_img2.jpg
フラットバー用ブレーキとドロップバー用ブレーキに対応した「じょうご」も専用品が2種類
正に集大成、シマノDISCメンテナンスには無双ですね。
税込当店価格¥5230なり。

店内BGM

店舗で流すBGMは、その昔はカセットテープ利用でした。
オートリバースデッキからアンプにつないで使ってましたっけ。
それこそヘビーローテーションですので、テープもデッキも2年は保たなかった気がします。アンプは元気で10年以上使えましたけどね。
以上は昭和の話でありますね。

その後、音楽ソースは有線を利用したり、CDを利用したりとなりました。
これは昭和から平成にかけての話でありますね。

それからは話はグッと今風になって、PCオーディオ導入時代となり、音楽ソースはPCのハードディスクないしはUSBメモリ利用となります。
これが平成から令和の今日に至るまでなんですが、最近10年程使ったSONYのアンプがご臨終。
そんな訳で、先週よりアンプを更新いたしましたよ。

IMG_20210507_175152.jpg

コレなんですが、マランツのアンプです。
機能から言うと、レシーバーですね。昔の言い方ですけど。
導入後、思いがけず便利になったのが、Wi-Fiを拾えますのでインターネットラジオから流れる音楽を使える事です。
世界中の音楽放送から好みのチャンネルをセレクトして、エンドレスで使えますので店内BGMには申し分ないですねえ。
もう最高!のレベルであります。
今更かもしれませんが、便利な世の中となったもんだ。

OGK CANVAS-URBAN

canvas-urban.jpg
高いデザイン性と安全性を両立しながら、お値段もリーズナブルに抑えたヘルメットの入荷です。
オリヂナル性も高く手慣れた感の高いデザインは、安心感も高いOGK製です。
普段着に似合うシルエットとカラーは、通勤等の日常使いに溶け込みます。しかもOGKですので日本人の頭にもフィットしますしね。
税込当店価格 ¥5150なり。

話は変わって今年のGWの営業は下記のようになります。(GWにもう突入していますがね)
1、2(土・日曜日)は通常営業いたします。
3、4、5(月・火・水曜日)はお休みさせて頂きます。
以上よろしくお願いいたします。

GIANT FLEX COMBO UNICLIP

バッグやボトルケージをバイクに装着出来るストレージの場所として、サドル下は魅力的な場所ですよね。
そんな理由からバイクメーカーやサドルメーカーは、スマートにサドル下に装着可能なオリヂナルストレージシステムを提案しているわけですが、GIANTから販売されているのがUNICLIP SYSTEMであります。
このシステムは、以前この場所でもご紹介したのですが、最近このシステムに対応したダイヤルワイヤー錠が入荷しましたよ。

IMG_20210427_153342.jpg

FLEX COMBO UNICLIP  税込当店価格¥2770なり。

写真のようにUNICLIPドッキングステーションの下部に装着可能ですので、スマートに装着されたテールランプと同時にワイヤーロックも装着可能なスグレモノなのです。
GIANTのUNICLIP SYSTEM対応サドルをお使いの方には、とても魅力的なアイテムかと。

GIZA ペダルレンチ

ペダルの多くは薄口15mmのオープンレンチで取り外しが可能なんですが、中にはヘキサゴンレンチでないと受け付けてくれないデザインのものも有りますね。
ショップツール的に考えるなら、適材適所で専用デザインのツールを使うのが使い勝手も良くて、複数揃えるのも問題とならないのですが、ホビーツールとして揃えるなら1本で事足りるのも重要な性能かと思うのです。
そんな1本で済む万能型のペダルレンチが、本日ご紹介する BT-95 ペダルレンチ であります。

tol44500_01.jpg

15mmオープンレンチと8mm&6mmヘキサゴンにオマケ的に15mmのボックスまで装備された万能型デザイン。
ありそうでなかった工具ですね。
輪行時の携帯性も考慮してか、全長こそ250mmと若干短いのでショップツールとしては選択肢に入りませんが、これ程汎用性の高いペダルレンチは稀有な存在ですよ。
税込当店価格 ¥1490 なり。

ヘッドスペーサーのカラー

昔のエントリーでオーバーサイズ用のヘッドスペーサーは、内径が28.6mmは当然ながら外径も統一して在庫していますとご紹介いたしましたっけ。
即ちアルミ製のスペーサーなら外径は35.0mmの商品にこだわって在庫しているわけですが、もう一つこだわっている事があるのです。それはカラーバリエーションを出来るだけ確保する事なんですよ。

一昔前なら、このヘッドスペーサーのカラーで遊ぶという事がポピュラーでした。必然的に取り扱い先も多くて、今より断然カラーも多かったのですが、最近はこのカラー遊びも先細りですのでね。カラーバリエーションも減少の一途なんですよ。
昔は代表的なカラー以外にも、パープルやオレンジ、ピンクと揃えられたんですけどね。

IMG_20210420_162520.jpg

今では代表的なカラー=ブラック、シルバー、レッド、ブルー以外では、ゴールドとグリーンを揃えるのがやっとですかね。
確かに需要は減ってますが、探している方もいるのは事実です。