FC2ブログ

デジタルノギス増員

老眼対策でノギスをデジタル表示のものに替えたとご報告したのは、5年位前でしたっけ。
それ以来、読み取りの楽なデジタル版一辺倒となってしまいましたよ。(苦笑
で最近、激しく興味をそそられたコチラのノギスも買ってみましたよ。

PW140150.jpg

アマゾンでのお買い上げなんですが、そのお値段が¥799なり。
プライム会員なら送料込みです。安くて呆れるお値段ですが、レビューも悪くないんですよね。
何かしらの落とし穴があるのかも?と思いつつ1年程使ってみましたが、機能的には全く不満なしです。
(そもそもバイク用の部品でノギスでサイズを測るという場面は、想定されるサイズの確認的使い方が大半。という理由もありますかね。)
道具としての質感とか求めなければ、文句のないブツでありました。
これは、ある意味驚いたよ。

GPバイク スタンド

バイク用のストレージスタンドとしては主流になるデザインでは有りませんが、そのお手軽な収納スタンドとして密かな人気商品がこれです。
TOD03300IMG03.jpg
小径車から29インチのマウンテンまでのホイールを(ファットバイク等は無理ですけど)手間いらずで飲み込んでくれますのでね。これはホントお手軽に収納できるスタンドなのです。
税込み当店価格¥3360なり。

Category S2も変わってます

パナレーサーのロードタイヤの最大の美点は、その商品パッケージである。
昔そんな事を書いた記憶がありますねえ。
パッケージのどこが優れているかというと、トレッドデザインが一目瞭然で、展示中にタイヤの自重でパッケージから抜け落ちる事もなく、シンプルで良く練られたパッケージだったのであります。
デザイナーが良く考えた事がひしひしと伝わるモノで、感心したのであります。
これは同時代に似たようなパッケージだったIRCやミシュランに大きく差をつけるものでしたもんね。

それがですねえ。
昨年でしたか、パナレーサーのハイエンドのタイヤがモデルチェンジして、RACE EVO4となった折にパッケージも変わってしまったのです。
競合他社とほぼ同一形式となりました。すなわち少し大きな箱型のパッケージですね。
これは売り場に並んだときの存在感の問題かと思いますが、従来型のパッケージが練られたデザインで、感心する出来だっただけに残念に思ったのであります。
そして本日入門版のタイヤCategory S2を久しぶりに仕入れたのですが、コチラも新パッケージに変わっておりました。

PW070149.jpg
左が旧で右が新ね。
従来型のデザインがこのまま消えていく運命とは・・・・。
タイヤを消費する人にとってはどうでもいい話なんでしょうが、個人的には残念なリー。

氷撃エチケットマスク

日常生活でマスクが手放せない夏がやってきます。
という事で新製品の入荷ですよ!
itemg011g.jpg

接触冷感素材に加え、マスクの内側に施した特殊な冷感プリントが、汗や湿気などの水分に反応してマスク生地自体の温度を下げるマスクなのです。
詳細はコチラをご参考に。
息を吐く事での冷感が期待できますので、夏場のライディングにも有効かと思いますよ。
税込み当店価格¥1430なり。

チェーンホイールの固定

PW300147.jpg

クランクのギア板はスポーツ車の場合多くはクランクに5ピン(昔はクランクは5アームと呼ばれるデザインが大半でしたから、都合5個のボルトで固定されていたのでね)と呼ばれるボルトで固定されます。
その固定ピッチは時代と共に変遷してまして、130が主流だった時代ははるか昔。
110になったり4アームの104の時代があったり、そして不等ピッチの96で落ち着くのか?と思ったら、何やら最近はセンターロック式が幅を利かせてるでしょ。
スタートの130時代がはるか昔と書きましたが、この変遷は私自身が体験した変遷ですのでね。40年あまりの変遷となりますかね。
しかし後半部分の20年位にこの変化は集中してまして、加速気味の気配なんですよ。
もちろん変化は必要ですが、過ぎたるは及ばざるが如しと言うでしょ。
変えすぎのデメリットの方が多いと思うんだよねえ。

マルチリンガルフリーペーパー FIEJA(フィージャ) 

清水に編集部を構える株式会社 静岡編集舎によるフリーペーパー「FIEJA」ですが、Vol.10号が自転車特集という事で、置かせていただいています。

PW260142.jpg

インバウンド促進のための情報ですので、英語等の外国語表記に重きを置いたレイアウト。
これは、おしゃれに写りますねえ。

FF-R フラットマウント用スタンド

スポーツ車を購入時に同時購入するアイテム。
ライトやチェーンロックの次に思い浮かぶのがスタンドでありますね。
中でもクロスバイク等でしたら、かなりの高率でキックスタンドも同時購入となるのですが、悩ましいのがキックスタンドのスマートな装着です。
最近では車種毎に専用マウントが工夫されたりしていますが、本日ご紹介のキックスタンドはDISCロードバイクで主流になってきたフラットマウントに対応させたスタンドであります。
flatmstand.jpg

クランプ部がフラットマウントの下部に集約されていますので、装着時にはスマートなシルエットが邪魔されないのが良い点。
お値段も税込み当店価格で¥1500ですので、この点もアピールポイントですかね。
写真のブラックと他にもシルバーがありますよ。