バイクスタンド

気にはなっていたものの、未だバタバタが続いていますので、ブログの方はノータッチ状態でありました。
今後は従来のペースで更新予定ですので、引き続きよろしくお願いしますね。

店舗横のスポーツ車置き場は、従来市販されていた金属製バイクスタンドを使っていたのですが、今回コチラも更新させていただきましたよ。

P9220017.jpg

こんな感じのウッデイな自作スタンドとなりました。
現物合わせで作りましたので、当然のように使い勝手が良いですよ!(自画自賛、笑)
バイクの自立がとても簡単。お客さんにも好評ですよ。

ひっそり営業中です

改装期間中はご迷惑おかけしましたが、何とか無事終了いたしました。
9月1日より営業させていただいております。
工事期間中は作業&ご連絡の遅れ誠に申し訳ございませんでした。
2・3日中には全て対応完了する予定です。よろしくお願いします。

今回の改装は外壁こそ全面塗り直しとしましたが、店内は部分的な改修でしたのでのんびり構えていました。
が、実際行ってみると予想以上に大変な作業が目白押しとなってしまいました。
それと言うのも、趣味のDIY作業を増やしたせいかもしれません。(こちらはまだまだ進行中。後一週間位で終わらせるつもりです)
正直疲れ果てましたよ。

私も来年は60歳となります。
と言う事は、サラリーマンの同級生には定年を迎える方も多く、そんなお年頃なんですよね。
私の場合は自営業ですので暫くは頑張るつもりですが、かと言って昔のようなペースでの仕事は無理ですので、今後はのんびりマイペースで働こうかと思っております。
今回の改修は、そんな意味合いが多いのであります。

P9020006.jpg

店舗を横断していた看板も撤去して、小さい木製看板1枚に。
飲み屋さんの看板に見えなくもないです。ビールを注文しないでね。

P9020007.jpg

修理場側の看板もこんな感じで。
自作看板です。
何となくカフェふう?
コーヒー注文しないでね。
では、また。

工事4日目終了

P8190003.jpg

既にお知らせ済みですが、半営業しつつの店舗改装工事の為ご迷惑おかけしています。
申し訳無いです。
お陰様で、水曜日に始まった工事も本日で4日目が無事終了。
順調に予定消化中であります。
業者さんとの打ち合わせでは、25日の金曜日から30日の水曜日までは全休してほしいとの事。
その期間は、私は店舗に常駐して趣味のDIY内装工事をやる予定です。(笑
そんな感じですので、全休期間でもパンク修理等はお受け出来ると思いますよ。
よろしくお願いしますね。

MERIDA ロードフォーク回収のお知らせ

カーボン製のフォークコラム部分に亀裂が入る可能性があるとの事で、メリダの下記2017モデルの回収案内が入っています。
SCULTURAシリーズ
6000   5000   4000 DISC4000   DISC700   DISC200
の6機種で、当店お買上げで対象車種の場合は今後の対応を個別にご連絡致します。
以上ご迷惑おかけしますがよろしくお願いします。

先日お伝えしたように、明日より店舗改装工事となります。
期間中はご迷惑おかけしますが、こちらもよろしくお願いします。

夏休みのお知らせ

8月のカレンダーで既にご連絡済みですが、明日より3日間、金・土・日を夏休みとさせて頂きます。
14日の月曜日より平常営業させて頂きますので、よろしくお願いします。

また、16日の水曜日から店舗改装工事の予定です。
基本的には営業しつつの2週間での工期予定なのですが、工事後半数日は全面休業となるかもしれません。
業者さんの進捗状況にもよりますので、決まり次第ご連絡させて頂きます。
この件でもご迷惑おかけしますが、よろしくお願いします。

サーモス 自転車専用ボトル

あれは確か冬でしたっけ。
サーモスのバイク用ボトルの入荷案内をアップしたのは・・・。
img_9.jpg
あれから数ヶ月。遂に夏の到来であります。
保冷ボトルの本領発揮なシーズン到来なのであります。
個人的にはコレは売れるよね。と思ったものの、少し高いお値段に少し不安が有ったのも事実。
で、実際シーズン到来と共に好調な売れ行きでお客さまの反応も良くホッとしましたよ。
人気の理由はもちろんその性能にある訳でして、詳しくはコチラをご参考いただければと。
お値段と性能がきちんと評価された日本製である事が嬉しくなってくる商品でありますねえ。
税込当店価格 ¥3500 なり。

TOPEAKバイクパッキング用品

使い慣れているマイバイクで旅に出たい。
そんな事を妄想するサイクル野郎でも今時ですと、愛車はキャンピング車なんて事はありません。
大半はロードレーサーな訳です。
その場合荷物はどうするのか。
キャリア等は装備不可なデザインのバイクだけど何とかならないのかね。
そんな需要から生まれたのが、バイクパッキングというキャリアが無くても大量の積載を可能にするアイテム達です。
自転車の旅スタイルも、昭和のサイクル野郎の時代からドンドン変わっているのですね。

TOPEAKから発売されている以前にもご紹介のバイクパッキング用アイテムが充実中です。
本日は、最近入荷のこんなものやあんなもののご紹介です。
FrontLoader
bag36400_01.jpg
軽量でありながら耐久性、撥水性、耐退色性の高い素材を採用したハンドルバー バッグ。
ハンドルバーにぶら下げる様なスタイルで使います。 税込当店価格 ¥7480 なり。

BackLoader
bag36702_01.jpg
以前ご紹介のバックローダー も今では用途別に大きさが3種類。
写真は一番大きな15Lタイプ。 税込当店価格 ¥8550 なり。

TopLoader
bag36500_01.jpg
トップチューブ上にセットする比較的小型のバッグ。
昔から存在するバイクパッキングのルーツ的モデルですね。 税込当店価格 ¥3210 なり。

ご紹介のバッグを各種装備するとこのようになります。
loader_mainImg.jpg

これで、工夫次第で数泊の旅にも行けそうですね。
各種入荷中ですよ。