FC2ブログ

LEZYNE 2021入荷中

ポンプ(空気入れの事ね)で導入が開始されたアメリカンアクセサリーブランドLEZYNEですが、最近ではライトにその主軸が移つった感じであります。
2021年モデルがボチボチと入荷中なのですが、来シーズンは売れ筋の400-500ルーメンヘッドライトとテールライト各種をセットにしたコンボセットが充実してきた印象です。
コンボセットと言うからにはバラで買うよりお得ですよ。少しですけどね。

PW110164.jpg

話は変わりまして、当店は明日12日より15日まで夏休みとさせていただきます。
次の営業日は、16日の日曜日となりますのでよろしくお願いいたしますね。

リアホイールを分解する場合には

リアホイールをバラバラにしてハブだけにする場合には、いの一番にギア部分を外してくださいね。タイヤよりも早くですよ。
これは固定ギアでもボスギアでもカセットギアでも同じです。
そうしないと、その後の円滑な作業に支障をきたすのであります。
支障どころかハブ単体にギアがついた状態からのギア摘出作業は、不可能な場合もあるのです。高級リアハブも墓場行きとなりかねませんよ!
本日の場合はセーフでしたけど。

PW060163.jpg

2021 GIANT TCR ADVANCED 2 DISC

カーボンフレームにシマノ105油圧DISCブレーキ仕様。ホイールはチューブレスでもちろん前後スルーアクスル。
それでもって価格は¥265,000なり。
今時の入門ロードは何気にハイスペックであります。

PW020161.jpg

あれれっ!
これにはパワーメーターも標準装備されてますよ。おまけのように。
こうなってくると、パワーメーターも大衆化の時代に突入なのかもね。

Chris King THOMSON トップキャップ

ヘッドセット のトップ キャップ も意匠を凝らした商品が多くございます。特に最近はそのデザイン性で勝負的なキャップが増えてきました。
しかしですねえ、昔ながらのシンプルなデザインのトップキャップながら存在感が高いモノもございまして、本日ご紹介するのはそんな昔ながらのトップキャップ2点であります。

PW310153.jpg

Chris KingとTHOMSONのトップキャップ。
どちらもそのブランドの神通力で成り立つトップキャップですよね。
少しですけど在庫ありますよ。

フレンチ用バルブキャップ

色で遊べるアクセサリーの代表格と言うとコラムスペーサーが挙げられると思うのですが、バルブキャップもその次位に挙げられる商品なのかも。
なんと言っても、チューブの先端の手で外せるパーツですので、これ程お手軽に交換できるアクセサリーって他には有りませんのでね。お気軽に交換したくなるのです。
そんな訳で、当店でもセオリー通りレジ横に置いていますよ。(笑
欠品中だったグリーンが入荷しました。

PW280152.jpg

bryton Rider420導入

GIANT FATHOM Eには数字で表示するインフォメーション機能がありません。
ミヤタのeバイクMTBに乗っていた頃は、クロスバイクと共通のメーターパネルでしたので、これはこれでオフロードらしかなぬデザインでどうかと思ったものですが、GIANTのように潔いデザインにも不満が出るものです。バッテリーの残量のみ簡易表示してくれるものの、サイコン的要素が全くないのも不便なのです。
潔すぎるのもねえ・・・・という事で、表題のメーターを装備してみましたよ。

これは今時のGPSタイプのメーターですが、何を隠そうGPSメーターは私は今頃初体験なり。
その使用感は、自転車用のメーターをその黎明期から使っている者としては隔世の感がありますねえ。
今更感も強いですので具体的には言及しませんが、時代は変わっている事を再確認しましたよ。

DSC0129.jpg

デジタルノギス増員

老眼対策でノギスをデジタル表示のものに替えたとご報告したのは、5年位前でしたっけ。
それ以来、読み取りの楽なデジタル版一辺倒となってしまいましたよ。(苦笑
で最近、激しく興味をそそられたコチラのノギスも買ってみましたよ。

PW140150.jpg

アマゾンでのお買い上げなんですが、そのお値段が¥799なり。
プライム会員なら送料込みです。安くて呆れるお値段ですが、レビューも悪くないんですよね。
何かしらの落とし穴があるのかも?と思いつつ1年程使ってみましたが、機能的には全く不満なしです。
(そもそもバイク用の部品でノギスでサイズを測るという場面は、想定されるサイズの確認的使い方が大半。という理由もありますかね。)
道具としての質感とか求めなければ、文句のないブツでありました。
これは、ある意味驚いたよ。