FC2ブログ

RIDGE RUNNER長期テスト 第7回

この一週間は天候に恵まれず早朝ライド出撃回数は2回にとどまりました。
オドメーターは本日で240kmとなっております。

IMG_20180918_074516.jpg
               (写真タイトル=お茶畑越しの清水港)
当然と言えば当然なんですが、バッテリーの消費量は登りで著しく消費いたします。
注意深く観察してみると1回の出撃での走行距離は約15kmで、1回あたりフル充電分の約20%を消費するのですが、15kmの内登り部分である5kmで15%を消費。下りと平地の10kmで5%を消費。
ほぼそんなイメージですかね。
いかに辛い登りで助けてもらっているかが分かりますねえ。(自分的にはそんなに助けてもらっている感覚ないんですけど。しかし考えてみると、毎回結構なウキウキ気分で続けられているからねえ。こりゃ楽させてもらってるんだねえ。)
明日も行くヨ~。(笑

IMG_20180918_150547.jpg

フォークのインナーチューブが毎回オイルで汚れます。最初は結構な汚れ具合だったのでオイル漏れを疑いましたがね。
構造の違う左右レッグでほぼ同程度で、これはダストシールのリップに仕込まれたグリスが溶け出しているからですね。
そんな訳で、最近は汚れ具合も落ち着いてきましたよ。

DMT PEGASUS

dmtpeg.jpg

DMTのお買い得シューズのご案内です。
エントリーグレードになりますが、そこはDMTですのでBOAクロージャーとベルクロストラップを配置したアッパーは、上位モデルと同様の構成です。
ホワイト/グリーンフローのカラーもイタリアンデザインで個性的。
定価24,150円ですが、ほぼ半額の税込み¥12,400で。
サイズが合えばお得ですよ。

RIDGE RUNNER長期テスト 第6回

20年程前には完璧に把握していた日本平の農道&ハイキングルートですが、ここ数年の農地開拓等で当時とはすっかり様変わりしております。走り始めた当初は面食らいましたが、先月20日より走り始めた日本平農道探索も都合10回程の出撃回数となりましたので、ようやく新たなルートも把握する事が出来た最近です。
それに伴いお気に入りルートとして走るコースもほぼ固定されてきましたので、走りのペース配分やらがスムーズに出来るようになってきましたよ。
そうすると、アベレージスピードも必然的に微増。
そして当然のように電力消費もセーブされている感じの最近です。
直近のデーターですと、1回の出撃は約15km走で20%弱の電池消費って感じですかね。モードは勿論HIGHモード一択です。
という事は、山に遊びに行くコースでも1回の充電でHIGHモードオンリーの走行で80km位は走れる事で間違いない感じですかね。(カタログでは95kmと謳っていますけど)

IMG_20180831_074144.jpg
(あっ、オリジナルサドルが合わなくて、最近交換しましたよ。)
これなら航続距離的には普通問題ない感じですよね。
そんな事で、本日までのオドメーターのカウントは210kmなり。
トータル充電回数は3回です。

RIDGE RUNNER長期テスト 第5回

秋雨に頻繁に邪魔をされる最近ですので早朝農道ライドは毎日とはいきませんが、それでも順調に距離は伸ばしています。
昨日の時点で、オドメーターは160kmになりました。充電回数は都合2回。
農道が広がっているのは、名前こそ日本平と呼ばれる一帯ですが、地元では立派な山として認識される標高307メートルの丘陵地であります。
そこに広がる農道を探索しつつ頂上まで。そしてお店まで帰ってくると距離は12km程ですが、バッテリーは約30%を消費しますね。
登りでの消耗が激しいですのでこんなもんでしょうね。

IMG_20180906_073845.jpg

頂上からはこんな光景となります。
冬は富士山もバッチリ見えて観光名所でもあります。それと夜は夜景が結構綺麗なんですよ。
中学2年の夏休みには、毎日日本平早朝ライド(5段変速ジュニアスポーツで)やっていましたが、考えてみるとこれ程連続して日本平に登るのは、それ以来だったりしますねえ。
電気の力は偉大ですな。

伊豆いち

logo.jpg
オリンピック等、最近何かとバイクイベントが活発な伊豆半島ですが、二日間で伊豆半島を一周しましょうというサイクリングイベントの案内が来ていますよ。
詳細はコチラのページで!
10月26日エントリー締切です。

NUMEN+UNICLIP TL

GIANTのサドルの多くは、UNICLIPと呼ばれるサドルのリアエンド部分に各種パーツをスマートに取り付けられるシステムが採用されています。
テールライト等やサドルバッグが、とてもスマートに装着できるのがウリなんですが、このアイデアは他メーカーに先行されていますので特別な新機軸という訳ではないですね。(苦笑
じゃ、どこがウリなのか。
それはUNICLIP SYSTEMとして積極的に装着できるアイテムを増やしているところかと思うのです。
A0002120_sub01_m.jpg
テールライトも今時ですのでUSB充電モデルですし、¥300で販売されているDOCKINGSTATIONというパーツを装着すれば、リアフェンダーやCO2カートリッジを同時装着できるようになったりと、面白い展開なんですよね。
今後にも期待ですね。
当店でも現在のところ写真のテールライトしか在庫していませんが、今後増やしていく予定ですよ。

RIDGE RUNNER長期テスト 第4回

朝の空き時間を活用した早朝ライド継続中です。
AM7-8の約1時間、本日でライドは都合8回目。走行距離は99kmとなりましたよ。
10日にも満たないですが、ここまで楽しく続けられてる要因は前回にも説明しましたが、辛い部分をバッサリ取り払ってくれる登坂性能にありますね。
農道に向かえば、他の交通量は全く無い快適バイクライドが楽しめますが、欠点は結構な登坂の連続となる事です。そこをクリア出来るのが大きいですね。
登坂時は時速10kmを目安に、平地は時速20kmを目安に巡航すると適度な運動量かつ全く辛くは感じません。未知の農道探索であっちやこっちと気軽に突き進めます。
そんなところが楽しいのです。

IMG_20180827_075007.jpg

トレール探索中ゴルフコースに迷い込む。そんな事も楽しい。よくあるパターンですが、引き返しが苦になりません。
そこが素晴らしい。

IMG_20180823_075830.jpg

乗車不可な場面に出くわす事も。
押し&担ぎとなる訳ですが、ここがこのバイクの最大の弱点。重いです。泣けてきます。
ダウンヒルバイクでトレール探索に行くイメージですね。

IMG_20180818_075525.jpg

2.8インチ幅のタイヤですので登りのトラクションを確保してジワジワ登るのも得意です。自分のスキルが上がったのかと錯覚するくらい。
が、下りは丸太の階段等が多いですので、降りて引き摺られるような事となります。
昔は乗車したまま下ったんですがねえ。
怖くてとても出切ない体となってしまいましたよ。(苦笑

雨さえ降らなければ、これからも続けていけそうですよ。