FC2ブログ

コットンバーテープ

このまま消えていく運命なのかも。
コットン製のバーテープもそう思われていた印象があるのですが、ここ数年人気が盛り返してきた感じですよね。
実際、取り扱いメーカーも増えてきましたし。(全体量からすると相変わらず少ないですけどね)

このバーテープは、タイトでクラシック。
そして今となってはストイックな感じさえする独特の存在感があります。
そんなイメージですので、特にクロモリフレームのバイクとの相性が良いです。つまりクロモリフレームのバイクが存在する限り続いていく製品なんでしょうね。
V03BTP00113_1.jpg
このバーテープの巻き上げ方には多少の慣れが必要です。
追従性が悪いですのでシワが入りやすいのです。テープを引いて引いて、その引く力を緩める事なく巻き上げる。
そんなイメージで巻いていきます。これは昔のバーテープの巻き上げ方の常識だったんですよ。(このやり方で今のバーテープを巻いていくと簡単に千切れてしまいます)
カラーも単色のソリッドカラーのモノばかりで、白とか茶が人気カラーなのは他のテープと大きく違う点かと。
特に個人的には、白色が幅を効かせている印象が強いです。
白いコットンテープでの巻いたハンドルは、包帯で巻いたみたいな印象です。(ナースに巻いてもらいたくなるのは私だけ?(笑)
そして汚れの目立つ白ですので、使った感が直ぐに出てきます。そんな馴染んだ感が出やすいのも人気の秘密かと思うのです。
gizacotton.jpg
耐久性は低いです。薄汚れてきたら早めの交換をオススメします。年一位は変えましょう。
そうすれば剥がす作業も簡単で、次の新しい巻き上げ作業が楽に出来ます。
今となっては、この様な癖のある商品ですが一度チャレンジしてみてはいかがでしょう。
税込当店価格¥900より各種あります。

通販してますか

バイクやバイクアクセサリーの購入先で通販を選択するという方も多い時代です。
特に海外通販では価格的なメリットが大きいですので、メンテナンス等自分のスキルで対応可能な方にとってはメリット大かと。
国内通販ですと総合的に考えると、価格的メリットは少なくなってきますので、自分が欲しいブツが揃うかどうかのメリットの方が大きいかと思いますねえ。
そんな時代ですので、私も通販よく利用させていただいていますよ。
一応自転車屋ですので、バイク関係の事でしたら自分で何とか出来ますのでね。(苦笑
私の通販の注文先は、モノタローとamazonの二択です。
欲しいブツが直ぐ揃う。
仕事で使うにはこのメリットは特に大きいです。
先日もamazonでこんなブツを購入。リアハンガーであります。
(よく破損する割には融通の利かない困ったパーツの代表例かと)

DSCF1035.jpg

私の場合コレに付加価値を載せて再販する訳ですから、購入というより仕入れるという事になりますかね。
勿論リスクは犯したくないのが本心ですので、最初に当たるのはメーカーサイトになりますが、輸入先の在庫欠品等で納期が読めない時がありますでしょ。
そんな時必要なブツをamazonで発見。小躍りして注文しましたよ!
但し、メーカーや車種等の適合表はほとんどありませんので、画像等で適合を自分で判断する必要がありますけどね。
そこは、蛇の道は蛇。何とかするのです。(笑
今回も早く&安く仕上げる事が出来ました。
数年前より良いのか悪いのか、そんな時代となりましたねえ。

チネリ トップキャップ

バイク用アクセサリーでトップキャップと言うと、アヘッドコラム上端の円形キャップの事であります。
面積の割には比較的目立つパーツですので、ドレスアップアイテムとして意匠を凝らした交換用パーツが数多く出揃っていますが、本日はチネリ製のトップキャップのご紹介です。
チネリらしいひねりの利いたデザインが面白いですよ。

デザインは色々そろっていまして、これとか
topcapwithboltplug-002.jpg
これとか
topcapwithboltplug-004.jpg
まあ、ありがちなデザインであります。
しかし、これ↓は他にないデザインでありますねえ。
topcapwithboltplug-00.jpg
目玉焼きにベーコンってなんだよ!個性強すぎだよね。
税込み当店価格 ¥990 なり。
ネタ用に1個いかがでしょうか。

シマノプロ カセットリムーバーセット

新年早々でありますが、あまりおめでたくない話から。
最近目線よりかなり上に置いているDISCブレーキ用の注射器等ツールセットが、取りにくいなあと感じていたのであります。
これは正確に言うなら最近というより、ここ1・2年の事なんですがね。
背伸びしても取りにくい。なんか変だよねえ。てな感じだったのです。
で、年末の定期健診で身長が昨年よりも低くなっている事が発覚。
実は昨年も低くなっていたのですが、これはきっと誤差かな?と思っていたんですよね。
2年連続ですので、流石に私でも加齢による不都合な真実を認識するに至ったのであります。
都合2年分で3cmの低下でした。つまり身長が161cmから158cmとなっていたんですね。
若い頃なら決して公表したくない話かと。(苦笑
色々発覚しますねえ。

この話題で終わってしまうのも何ですので、新製品入荷のご案内も。オマケの様ですけど。
シマノプロのカセットリムーバーセットが入荷です。
shimanopro css
従来からシマノプロで同様な商品があったのですが、新型となりました。
税込み当店価格 ¥3470ですので、同様な他社製品と比較してもコスパは良いですよ。

という事で、今年もよろしくお願いしますね。

年末年始の営業ご案内

行く年くる年ではないですが、行く自転車といえば手放したばかりのRIDGE RUNNER。
新しいオーナー様が、丁度今お子様とご一緒にご来店されましたのでパシャ。

P3560565.jpg

元気にご活用されている模様で何よりです。
現役バリバリ、素性の良いバイクですので安心してご活用くださいね。ありがとうございました。

今日は12/29ですので、都合本日が今年最後の営業日となります。
年末年始の営業ですが、ここで改めてのご連絡です。
明日30日より1月2日までのお休みとなり、新年は3日より営業させていただきます。
来年もよろしくお願いしますね。

GIANT FATHOM E+ PRO の重量

重い。
少なくとも見た目以上に重い。
そんな気がする FATHOM E+ PROですが、もしかして初対面での印象による思い込みなのかも。もしそうなら申し訳ない事です。
という訳で、FATHOM E+ PROと退役したばかりのRIDGE RUNNERの重量を実測してみましたよ。

RIDGE RUNNERはカタログ重量が公表されていて、それによると21.3kgとあります。
で、実際にはどうかというと21.4kgでありました。(38サイズの方です)
そして気になるFATHOM E+ PROですが、こちらは重量が公表されていません。(たぶんね)
で、実測した数字は23.1kgでありました。(Sサイズです)
その差1.7kgなんですが、感覚的には1kg以上重いという印象でしたのでほぼ合致する数字ですね。
FATHOM E+ PROは重い。
これはそう言って間違いない結果であります。

P3560562.jpg

話は変わってMTBのハンドル幅。
昔は60cm前後が普通の幅でしたけどね。(昔過ぎかね)
昨今のMTBに採用されるハンドル幅は700mm以上あるものがほとんどで、FATHOM E+ PROの場合760mmあります。
これは不便この上ないサイズですのでね。片側30mmづつ、都合60mmカットしましたよ。
ツーリングが主な用途なら、もう少し短くても良いくらいです。
これが趣旨ではないですが、お陰で50g位軽くなった気がするよ。

GIANT FATHOM E+ PRO テストライド1回め

納車後早速2回程走ってみました。
まずはファーストインプレッション等を。

DSC_0018.jpg

外見はスマートなもののバッテリー本体は巨大で武骨です。それに何といっても持つと重いです。ズッシリきますねえ。
MIYATAと比較すればタイヤサイズ等々で重くなる要素はないと思われます。なのに何気に重く感じられるバイクのズッシリ感は、バッテリーの重量差かと。違うかね。
走ればとても軽快ですけどね。

モーターの出すトルクは数値上GIANTの方が僅かに上ですが、どちらの方がパワフルに感じるという差は無い感じ。
但し、平地や緩い勾配でパーシャル状態でのペダリング時のアシスト制御は、MIYATAの方が上手い感じでオン・オフの入り方がスムーズ。制御が上手い。そんな印象です。
わずかな差で分かりにくい差ですけどね。

それと何気に不満だったのが、GIANTには実用的インフォメーションディスプレーが装備されていない点ですかね。
MIYATAに乗りはじめの頃は、このディスプレーがMTBに似つかわしくない物に思えたんですけどね。
この大きさですと、山に行けば一番にダメージを受けると思われます。クロスバイクのディスプレーと共用するデザインは、☓と思ったんですよね。

P3560560.jpg

その点GIANTの方が最低限の情報ながらMTBにふさわしいデザインかと思います。確かに断然スマート。
しかし日常使いでは圧倒的に不便です。
時間・距離・スピードが具体的に数字表示された方が便利かつ楽しいですもん。
2回の試乗で都合20km位は走っているのですが、5個あるインジケーターLEDは未だ1個も消えていません。具体的に数字で示していただきたいです。
これは雰囲気を読み取って乗る必要アリって事?
今のところそんな感じかね。