FC2ブログ

e Bike RIDGE RUNNER長期テスト 第25回

今年の梅雨は正に絵に描いたような梅雨で、毎日シトシトする日の連続です。
都合、バイクに乗るチャンスが激減した最近ですが、それでもオドメーターのカウントは目出度く1000kmを超えました。
e Bikeに乗り始めたのは昨年の8月からでしたので、なんとか1年以内で1000kmを超える事を達成できましたよ。

IMG_20190719_074212_1.jpg

充電回数も、これで13回目。
1回の充電で20%程の余力を残して充電する事が常ですが、1000/13で1充電あたり76.9kmを走っている事となりますね。
しかしこの積算計は、電源を入れ直すと5km前後減った数字をカウントする事が時々あるという謎の仕様が相変わらず。
(前回走り終えた時の数字は、1003kmでした。写真は充電後、本日電源ONした時のものです。)
大勢に影響ない数字ですので、最近は無視してますけどね。

GP YC-307BB ボトムブラケットレンチ

自転車のボトムブラケットは通称BBと呼ばれ、数多くの種類がありますが、現状基本となる規格となる商品は、シマノのホローテック2であります。
これは2003年の登場らしいですが、当初ベアリングが収まるハウジングの外径は44mmでした。
その後技術的向上があって、より小径のベアリングでも必要とされる性能が可能となりハウジングも次第に小径化されています。
つまり44mmから41mm径が発売。そして数年後には39mmが発売されました。
都合現在は、3種類の径のBBハウジング採用の商品が併売されています。

という事は、当然BB工具も3種類必要になるわけでして、理想は径毎に工具を揃える事なんでしょうが、これではなんとも不便&不経済ですよね。(申し訳なく思ったのか、シマノでは小径BBには44mm径対応のアダプターが添付中ですよね。)

IMG_20190716_153833.jpg

本日ご紹介の工具は、写真の3種類の径に対応したBB工具であります。(税込当店価格 ¥2620 )
これ1本に対応する3種類のハウジング径のレンチがまとめられ、そして左側のクランクキャップを回転させる為の工具も付いています。正に全部乗せ的規格の工具です。
こうなるとホローテック2用BB工具では、鬼に金棒状態の商品かと。1本選ぶならコレで決まりかね。
とは言うものの、個人的にはあと一歩という感じもするのです。現状では掴む部分が短すぎて力を加えにくいのですよ。
本体がもう少し長ければ、トルクも掛けやすく全ての人に自信を持ってオススメできるのですがね。
惜しいねえ。

伊豆のeBIKEが体験出来る宿

伊豆にサイクリングに行こう!
静岡とか神奈川とかに住んでいると、スポーツバイクを購入したのならそんな野望を誰しもが抱くものです。
しかしですね。
実際行った方ならよく分かると思うのですが、伊豆の道は初心者には難関です。
どこに行っても山また山の連続で、何度峠を超えたら着くの!そう叫びたくなる道ばかりなのです。
自転車は辛いばかりの乗り物だ。そんな印象しか残らない可能性大なんですよね。
この傾向は、プレートのぶつかり合いから出来た日本列島のどこにでも当てはまるかと思うのですが、伊豆半島は特にね。
そんな印象強いです。

そんな時、心強いのはeBIKEですよ。
日頃からeBIKEを愛用中の私も強く思うのですが、行きたいルートを勾配等を気にせず気軽に選べる事がなんと素敵な事か。e Bikeは、特に中高年の無理しないサイクリングに最適なんですよね。峠をいくつか超えるようなサイクリングをした時にこそ真価が理解できると思うのです。

concept.jpg

本日ご紹介するのは、そんなeBIKEの魅力を伊豆で味わえるというお宿のご紹介です。
詳細は、ここに行ってもらうのが分かりやすいかと。→ コナステイ伊豆長岡

今ならe Bikeの4時間レンタル無料券を当店でお渡し出来ます。
興味のある方はお気軽にお申し出くださいね。
eBIKEに漠然と魅力は感じつつも、高額なお値段に怯むのは無理もないと思うのです。
快適な環境で体験して、その真価をご自身で確かめて下さい。

Bryton Rider410値下げのご案内

サイコンと言えば、今やGPSタイプが主役の時代。
そんな時代ですので、コスパの良いGPSサイコン=Brytonのブランドもすっかり浸透した最近ですね。
そんなBrytonですが、その中では一番人気のRider410が、7月1日より何と値下げのご案内です。
物流の事情で値上げしますという案内ばかりの昨今では稀なご案内ですよね。
rider410_01.jpg
詳細は以下の通りであります。
■RIDER 410E
税抜価格:11,800円
内容:本体、USBケーブル、バイクマウント、クイックスタートガイド
■RIDER 410C
税抜価格:14,300円
内容:本体、USBケーブル、バイクマウント、クイックスタートガイド、ケイデンスセンサー

両モデルとも2500円も安くなった訳ですが、当店の在庫分も値下げしましたよ。(泣
正に大人の事情って奴です。

ペダルスペーサー

クランクとペダルの接合部分は、 軸と軸受けのによる絵に描いたような嵌合部分であります。
ここは大きなトルクが絶えず掛かる場所ですので、重要な嵌合部分という事です。
そんな訳で最近のクランクは、この嵌合部分に凹加工をして確実な面接触を図る設計の物が増えましたね。
そこで最近需要が増えてきたパーツに、このペダルスペーサーが挙げられるのであります。

IMG_20190705_150022.jpg

このスペーサーが無いと、ペダルの種類によってはアルミ製のクランク座面をえぐってしまう事になるモノもありますしね。

しかしですね。
お客様から時々欲しいというお申し出がある時の用途は、ペダル位置の微調整用。いわゆるQファクターの微調整用での需要の方が多いような。
そんな気がしてますけどね。

新しいDeroreXTのペダルが入荷

12スピードになったXT発売に伴って、XTグレードのペダルも新型になりました。
フラットペダルのPD-M8140は、
PDM8140_img.jpg
従来型のM8040同様2つのサイズ展開等、ほぼ同様な仕様で正直モデルチェンジによる差がよくわかりませんねえ。(苦笑
税込当店価格 ¥9950 なり。

それに比べたら、エンデューロ/トレイル SPD ペダルデザインのPD-M8120の方はモデルチェンジらしい真当な変わり様です。
PDM8120_img.jpg
XTRグレードのM9120に範を取るデザインで、大型化された一体型ケージがより有効に機能しそうなデザインかと。
こちらは 税込当店価格 ¥10350 なり。

どちらも入荷中です。

e Bike RIDGE RUNNER長期テスト 第24回

不意に現れた感の強い今回の台風3号でしたが、被害的なものは皆無と言う感じでしたね。
こんな台風ならウエルカムだよね。
そんな訳で、今朝7時頃に台風は駿河湾沖合で、静岡に最接近中でしたが雨風全くありませんでした。
おかげで早朝ライドも出来ましたよ。

IMG_20190628_145256.jpg

これで都合12回目の充電が完了。オドメーターは966kmなり。
次の充電時は、やっと1000km超えだね。