FC2ブログ

カテゴリ:diary の記事一覧

e Bike RIDGE RUNNER長期テスト 第25回

今年の梅雨は正に絵に描いたような梅雨で、毎日シトシトする日の連続です。
都合、バイクに乗るチャンスが激減した最近ですが、それでもオドメーターのカウントは目出度く1000kmを超えました。
e Bikeに乗り始めたのは昨年の8月からでしたので、なんとか1年以内で1000kmを超える事を達成できましたよ。

IMG_20190719_074212_1.jpg

充電回数も、これで13回目。
1回の充電で20%程の余力を残して充電する事が常ですが、1000/13で1充電あたり76.9kmを走っている事となりますね。
しかしこの積算計は、電源を入れ直すと5km前後減った数字をカウントする事が時々あるという謎の仕様が相変わらず。
(前回走り終えた時の数字は、1003kmでした。写真は充電後、本日電源ONした時のものです。)
大勢に影響ない数字ですので、最近は無視してますけどね。

伊豆のeBIKEが体験出来る宿

伊豆にサイクリングに行こう!
静岡とか神奈川とかに住んでいると、スポーツバイクを購入したのならそんな野望を誰しもが抱くものです。
しかしですね。
実際行った方ならよく分かると思うのですが、伊豆の道は初心者には難関です。
どこに行っても山また山の連続で、何度峠を超えたら着くの!そう叫びたくなる道ばかりなのです。
自転車は辛いばかりの乗り物だ。そんな印象しか残らない可能性大なんですよね。
この傾向は、プレートのぶつかり合いから出来た日本列島のどこにでも当てはまるかと思うのですが、伊豆半島は特にね。
そんな印象強いです。

そんな時、心強いのはeBIKEですよ。
日頃からeBIKEを愛用中の私も強く思うのですが、行きたいルートを勾配等を気にせず気軽に選べる事がなんと素敵な事か。e Bikeは、特に中高年の無理しないサイクリングに最適なんですよね。峠をいくつか超えるようなサイクリングをした時にこそ真価が理解できると思うのです。

concept.jpg

本日ご紹介するのは、そんなeBIKEの魅力を伊豆で味わえるというお宿のご紹介です。
詳細は、ここに行ってもらうのが分かりやすいかと。→ コナステイ伊豆長岡

今ならe Bikeの4時間レンタル無料券を当店でお渡し出来ます。
興味のある方はお気軽にお申し出くださいね。
eBIKEに漠然と魅力は感じつつも、高額なお値段に怯むのは無理もないと思うのです。
快適な環境で体験して、その真価をご自身で確かめて下さい。

e Bike RIDGE RUNNER長期テスト 第24回

不意に現れた感の強い今回の台風3号でしたが、被害的なものは皆無と言う感じでしたね。
こんな台風ならウエルカムだよね。
そんな訳で、今朝7時頃に台風は駿河湾沖合で、静岡に最接近中でしたが雨風全くありませんでした。
おかげで早朝ライドも出来ましたよ。

IMG_20190628_145256.jpg

これで都合12回目の充電が完了。オドメーターは966kmなり。
次の充電時は、やっと1000km超えだね。

LEZYNE 2020年モデルのライトが入荷中

次のシーズンモデルは、新作発表会という形で秋に商談会が行われていたのが何だか遠い昔。
今では5-7月に次期モデル、今年で言えば2020年モデルの発表&デリバリー開始となっています。世の中先取りだよね。
そんな訳でLEZYNEの新作ライトが入荷中。

IMG_20190625_144746.jpg

特徴は、売れ筋のゾーンの400から1000ルーメンの明るさの製品が、ほぼ100ルーメン刻みでラインナップを構築している点ですかね。
具体的には、400=¥3990、500=¥4990、600=¥6480、700=¥7800、800=¥7800、1000=¥8900と刻んできました。
正直違いがよく分かりません。刻み過ぎだよねえ。
私は、400、700、1000の3種類で十分かと思うんだけどね。(この位の方が性能差が分かりやすいです)
これはきっと「大人の事情」なんでしょうねえ。(苦笑
ユーザーも、販売店も、ディストリビュータも、戸惑うばかりかと。
もしかしたらメーカーもね。

e Bike RIDGE RUNNER長期テスト 第23回

新車時から都合これで11回目の充電。
オドメーターは894kmでしたので、前回充電時から84kmの走行となります。
これまでの平均値ですと1充電あたり80kmの走行でしたので、4km程伸びた事となりますか。これは5%の伸びって事ですかね。
僅かな伸びですが、確かに29インチの2.1インチ幅のタイヤに変えて平地の巡航時のアベレージスピードが若干上がってるんですよ。
特にタイヤ発の走行音が激減していますので、イメージ的にはかなり軽やかな感じで街中での快適性は大幅アップ。
しかし、4kmのアップですので1回の充電で走れる距離の大幅アップにはつながっていませんねえ。
感覚的には10%以上増しの数字を期待したんだけどね。

IMG_20190610_074333.jpg

今朝は、季節柄梅雨らしい光景を記念撮影。
早朝サイクリングでの写真撮影は、目的が一つ増えた感じでそれなりに楽しいですよ。
私は従来、スマホをほとんど携帯しない生活だったのですが、最近はスマホが手放せなくなりましたねえ。

e Bike RIDGE RUNNER長期テスト 第22回

何気に今年初の充電となります。
いかに走ってなかったかの証左ですね。
それでもこれで都合10回目の充電になりますけどね。
オドメーターの表示は、長かった700km台が遂に終了で現在810kmなり。

このバイクの場合、以前レポートしたように電池の残量が30%を切ると危険信号で、以降表示上は急激な消耗となりましてアシストが何時終了するんじゃないかとドキドキなんですよね。
よって30%前後の表示になったり、少なくとも25%までに減少するまでには必ず充電するようにしています。
従いましてこれまでの実績を考えると、800kmで10回充電ですから1回の充電あたり約80kmは走れるという事になりますか。
今後の運用で、そんなイメージでいればほぼ間違いはないかと思われます。

P3560361.jpg

話は変わりまして、同じe Bikeネタで先日メリダのWサスモデルを納車いたしました。
27.5ブースト仕様ですので巡行にはそれなりの抵抗が大きなバイクですが、平地はハードテールと変わらない軽快感でありましたよ。電動パワーの恩恵ですねえ。

P3560360.jpg

モニターは小さくて物足りない気もしますが、階層を追っていけば大きなモニタータイプと同様なデーターが得られます。
シンプルな外観は、ある意味本格スポーツモデル向きと言えるかも。
これで税抜き55万なり。
もう少し値ごろになれば魅力もグッと増すんですがねえ。

e Bike RIDGE RUNNER長期テスト 第21回

夏も近づく八十八夜と歌われる様にゴールデンウイーク過ぎのこの時期は、お茶畑の茶摘みが終わり新緑色が文字通りの茶色となる時期でもあります。

IMG_20190519_074145-2.jpg

早朝ライドコースのお茶畑もご覧のような塩梅で、すっかり禿山状態ですね。

昨日の時点で、オドメーターは790km。
考えてみると昨年末に700km台に突入した積算距離ですが、未だ700km台なんですね。
時代は平成から令和へと変わりましたが、その間ずーっと700km台。
時代を跨ぎましたねえ。
足踏みしすぎだね。