カテゴリ:diary の記事一覧

復刻!Flite Pantani

ロールスやターボサドルの全盛期というと、今からもう30年以上昔の事。
これ等のサドルの復刻版が数年前より出ています。
昨今のレトロバイクブームで若者から年よりまで、そこそこ人気も有ったりします。
これ等は、今となっては確かにレトロなデザインですので復刻版的な意味が良く分かりますよね。

で、その後の時代に一世を風靡したサドルというと、フライトとかが思い出される訳ですが、フライトとなると90年代から2000年頃に人気のあったサドルですので、それ程古臭くないんですよね。私的には。
なんたってイメージ的には今世紀中の商品ですし。
デザイン的にも現在のモノとさほど違和感ないものです。なのにレトロ商品扱いって違和感アリアリだよ。
と思ったりするのです。

P1000180.jpg

だけどフライトに刺繍されたパンターニの頭は、彼のトレードマークのバンダナスタイル。
という事は、ツール等ではノーヘルOKだった時代という事。
そう考えると、やっぱかなり昔なんだねえ。
レトロ扱いもやむ無しかも・・・・・・。

ノギスの話

今まで愛用したノギスは、もう何時だったのか思い出せないくらい昔に買ったものです。
ノギスは使って消耗する工具ではありませんので、買った頃は一生モノと思った記憶があるんですがねえ。
最近訳あって買い替えましたよ。ノギスは残念ながら一生モノではなかったのです。
購入したのは今更ですが、こんなデジタルノギスであります。

P1000175.jpg

何故買い替えに至ったのか。
鋭い方ならもうおわかりかと・・・・。
そうです。
老眼対策なんですね。(苦笑
先日の気圧計がデジタル表示するポンプと同じく数字が見やすいです!
スケールの文字とデジタルの文字の大きさを比べて頂ければ一目瞭然ですよね。
もっと早く買うべきだったよ。

余生の過ごし方

P1000106.jpg

昨年末、大掃除の折に倉庫から発見したアルミの円盤。
そう言えばこんなのが有ったよねえ、昔。
BMX用のバッシュガードなのですが30年程昔の商品でしたっけ。
今となってはバッシュガードとしてはあり得ない程のサイズであります。フリスビー級の大きさですねえ。
しかもワンピースクランク用。
この内容ですので、悲しいかな今では本来の用途としての需要はございません。全く。

金属ゴミになってもらおうかとも思ったのでありますが、アルミ削り出しのUSA製という素性だけは素晴らしいものがあります。
血筋は良いんです。
美術品とも言えそうな存在感だけは未だ有るんですよね。
しかも3枚。
よって、今後は店内オブジェとして安楽な余生を送ってもらおうとの結論に至りました。
意味ありげに鎮座しておわす。

今年もよろしくお願いします

P1000103.jpg
昨日より営業させて頂いております。
今年は戌年と言う事で、私も年男でございます。
残念ながら48歳ではございませんよ・・・・・還暦ですよ、還暦。
念の為。(苦笑
遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

 梱包ダンボール

本日届いた荷物。

P1000086.jpg

季節柄、ちょっと遅いお歳暮?
はたまた時々女房殿が申し込むふるさと納税の返礼品か?
と思ったけど・・・・・

P1000088.jpg

自転車用パーツでありましたー。

パーツを注文すると配送されてくる梱包ダンボールは、昔はどこもこんな感じの再利用品でしたっけ。
元はミカンやらチリ紙が収められていたわけですね。
これは今ではめっきり減った昭和の光景のような・・・・。
弊社取引先で、未だリサイクル段ボール利用は残り2社のみですが、ココまで来ると良き昭和の思い出として残して欲しいです。
何かそんな感じです。

スギノ シートピン

アルミとかチタンとかカーボンとか、鉄以外の素材で出来たフレームが一般化したての頃は、それらは新素材フレームって呼ばれてましたっけ。
これは1980年代のお話ですのでね。かなり昔のお話ですねえ。
当時鉄フレームは次第に無くなるのかとも思われたのですが、きみまろじゃないですが、もうすぐあれから40年。
鉄フレームの良さが見直されてきた最近です。
それに無視できないのが旧車ブーム。自転車でもプチブームですもんね。
これもも手伝って、鉄フレームも市場で多く流通するようになると、鉄フレームならではのパーツも必要となってくるものです。
例えばコレとかね。

P1000083.jpg

スギノ シートピン
シートポスト固定用のパーツで、シートバインダーを利用しないデザインの鉄フレームには多く使われています。
近年すっかりニッチなパーツとなっていましたが、最近の流れから17mmから22mmを常備するようにしていますよ。
税込当店価格 ¥680 なり。

ポートランドに行ってきた

長いお休み申し訳ございませんでした。
昨日より営業再開させて頂いております。
休暇中の話は従来あまりしませんでしたが、今回はバイクネタもありましたので、そのお話を少し。

今回の休暇では、ポートランドに行って来ましたよ。
そこは噂通り、自転車とビールの街でありました。
ビール屋やら自転車屋やらが多い多い。中には両方どうだ的なお店も有るわけでして・・・・。
例えば、

IMG_1267.jpg

バイクバーという看板ですが、確かに見た目はバイクバー。
だけど自転車店としての営業はしていません。バイクコンセプトのクラフトビール屋さんですね。

IMG_1273.jpg

ビールタップはKINGのハブとヘッドパーツで出来ています。(KINGもポートランドにあります)
ここから美味しそうなクラフトビールが流れ出す訳でして、自転車好きには夢の様なお店ですわな。

IMG_1336.jpg

違うこのお店は完全自転車店ですが、クラフトビールも飲めます。
何故か当然のように。(笑
と言うか、スタッフは確かにバイクリペア作業をしていましたが、私が行った時にはお客さんは全員ビール目当ての方ばかりでした。
勿論私を含めてね。
夢のような自転車店でありますねえ。
正に私のドリームショップ!(笑
当店もこんなお店になりたいと思わないでもなかったですよ。(苦笑