カテゴリ:New item の記事一覧

veloTozeのシューズカバー

梅雨入りしましたが、この時期の頼もしい味方がコレですよ、コレ。
veloToze(ヴェロトーゼ)のシューズカバーであります。
天然ゴム素材ですので、従来型シューズカバーよりは限りなく薄い仕上がり。
これで装着時にもスマートなライディングが可能となるのですね。



雨でも楽しいライディングとなるのかも!しれませんよ。
税込当店価格 ¥2670 なり。

GIANT AIRWAY COMPOSITE

夏場のサイクリングの必需品は、なんと言ってもボトル&ボトルケージであります。
これからのシーズン、特にバイクに必須アイテムのボトル&ボトルケージですが、ホビーライダーにとってお手軽な利用方法はツーリング中にコンビニ等で補給可能なペットボトルタイプですよね。
実際には、通常のサイクルボトルとペットボトルの両方が兼用できるデザインのボトルケージが最強かと思うのですが、市販されているものはあまりかっこよくないです。少なくとも新調したNEWマシーンに付けたくなるようなデザインのものは皆無です。
サイクルボトルとペットボトルでは、直径が1cm以上違いますのでね。致し方ないのでしょうが・・・・。
そんな時には、コレですよコレ。
A0002133_002.jpg
優れたホールド力が特徴のカーボンコンポジット素材のボトルケージ、GIANTのAIRWAY COMPOSITEであります。
本来、サイクルボトル用サイズにデザインされたものですが、通常デザインの500mペットを装着しても、まずまずのホールド力があるんです。
通常のオンロードサイクリングでは、ほぼ問題無く使えるレベルかと。(但し担保された性能ではありませんので自己責任でお願いしますよ!)
カーボン素材ですので、質感も良く重量は31g。それでいて税込当店価格は¥1940なりとリーズナブル。
NEWマシーンにも比較的似合うと思うんですがね。
最大の弱点は、目立たないとはいえ、GIANTのロゴが他のバイクには似合わないの事かも・・・・。

OWLEYE Beast 100

予想外の人気で、暫く欠品中のライトが入荷してきました。
029213_1.png
            OWLEYE Beast 100であります。
小型軽量(重量は21gです)特に薄さが際立ったデザインで実用的な性能が高評価されたかと思うのです。
スポーツ車の限られたハンドルスペースにセットしても、その存在を主張しすぎないシンプルなデザインがグッドですね。
それでいて100ルーメンの実用的な明るさを確保しているところが素晴らしいです。
逆に言うと地味なデザインですので、吟味して選ばないとスルーしやすいと言えるのかもですねえ。

カラーは写真のブラックと他にホワイト。もちろんUSB充電対応です。
税込当店価格 ¥2530 なり。
029212_4.png
ね、薄くて目立たないでしょ。

パナレーサー低圧専用エアーゲージ

pana3bar.jpg
主にマウンテンバイク用に開発された商品になります。
何故なら、最大でも320kPa/3.2barまでしか計測できませんのでね。
つまり指針の頂点は2bar前後になりますので、その辺りの空気圧管理だけを狙った潔い商品なんです!(米式だったら車用にもドンピシャだけどフレンチのみです)
ブースト規格等の最近のマウンテンでは是非揃えたいゲージでありますね。
税込当店価格 ¥2770 なり。

TIOGA 小径車用ブレーキシュー

20インチ前後のホイールが採用された小径車にもVブレーキが装備されている事は多いですよね。
そんな小径車の消耗品であるブレーキシューを交換しようとする場合は注意が必要です。
一般的なVブレーキ用のシューは、26インチとか700cのホイールサイズを前提にデザインしていますので、大きくてこれらの小径車とは相性が悪いのです。
そんな時には、このブレーキシューですよ。

P1000289.jpg

Vブレーキマウントデザインの舟に一般的なロード用キャリパーブレーキサイズの舟ゴムをセットしたデザインの商品です。
小径リムでのセッティングをバッチリ決めやすく=制動力を担保しやすくなるのです。オススメです。
税込当店価格 ¥970 なり。

EVA FRAME BAG

トップチューブの位置にボトルケージボルトのピッチ(64mm)がマウントされたデザインのフレームも徐々に増殖中です。
そんなフレームに標準を合わせたフレームバッグが入荷してきました。

013943_2.png

従来タイプのトップチューブバッグだと、ストラップ止め(多くは3本)でしたので、最近の太いパイプのフレームにはスマートな装着が難しくなっているのも事実ですので、これはナイスですねえ。
トップチューブにこのマウントが付いたバイクのオーナー様は、さほど必要性を感じなくても買うべきじゃないかと。(苦笑
まあそのくらいの収まりの良さだと思うんですけどね。
どうですかね。 
税込当店価格 ¥3110 なり。

SUPACAZ GRIZIPS

SUPACAZ登場時は(2013年頃)バタ臭い商品デザインもさることながら、ビキニ姿のお姉さん広告がかなり胡散臭かったです。
少なくともブランド導入商品はロードバイク用のバーテープでしたのでね。バーテープをビキニのお姉さんがクネクネ巻くシーンにイメージダダ下がりでありました。
こりゃ間違いなく売れません!
私は、そう断言しましたよ。個人的見解ですけどね。

が、しかーし!
見事に予想は外れ、SUPACAZブランドは日本でも一定の地位を確立している最近であります。
取扱商品も徐々に増えていまして、最近入荷したのがこのフラットハンドル用のグリップ。
grizips_2017_npk.jpg
         GRIZIPS 税込当店価格 ¥1800 なり。 7色展開されてます。
バタ臭さは相変わらずですが、マウンテン用グリップですのでね。
印象的にはそう悪くはないよね。
お値段も¥3000以上するバーテープと比べると安いしね。
悪くないよね。
ねっ。