fc2ブログ

サムシフター

マウンテンバイク黎明期のシフトレバーは、Wレバーをハンドル部分に移設可能とした流用品でありました。
それは次第に進化して、親指操作に特化した形状を獲得した頃からサムシフターと呼ばれるようになったのです。
しかしそのサムシフターも、その後登場したラピッドファイアと呼ばれるシフターに駆逐される事となるのですがね。

年末にご紹介したWレバーをハンドルにマウント出来る商品は、マウントしたハンドルがドロップバーという事もあってサムシフターとは呼び辛いものでした。ハンドルにマウントされようとも、感覚的にはWレバーなんですよね。
しかし本日ご紹介するのはマウンテンバイクのハンドルにマウントしましたのでね。同一商品ながらサムシフターと呼ぶのに抵抗ありませんよ。
親指操作に特化したレバー形状ではありませんが、レトロ感はマシマシであります。

20240130_152544.jpg

スギノ tension disc

80年代に登場したスギノ テンションディスクは、軽くて振動吸収性が優れているホイールとして当時隆盛していたトライアスロン用の決戦リアホイールとして人気商品。
そんな認識でしたが、その後隆盛し始めていたMTBにも採用されだした頃が人気の頂点でありました。軽くて振動吸収が良いという性能が、オンよりオフ向きの性格だったのですね。
特に当時のスパースターであったジョン・トマックが使い出した頃からの数年は使う方も多かったですね。80年代後半となりますか。
その後、リアサスバイクが一般化して来ると共にお役目御免。消えていく事となります。

20240115_170222.jpg

今回持ち込まれたバイクに装備されていたテンションディスクですが、ケプラースポークをサンドしていたフィルムの剥離という症状でありました。ケプラーはスポークとしての役目は果たしていますが、フィルムの脱落により通常使用は難しい状態。リペアパーツも無い為7速用ハブで新たにホイールを組んで、これは記念として保管するという事となりました。

当時はイメージ的に心配された非金属であったケプラースポークのトラブルはありませんでした。ニップル破損が時折あった程度でトラブルは少ない良い商品でした。
あれから30年以上経っていますのでね。このようなトラブルが起きても不思議ではありませんよね。

ODI アタックグリップ

20231215_141151.jpg

過去より各種ハンドルグリップの栄枯盛衰があったわけですが、消えずに残る名品と呼ぶべき商品の代表格がこのグリップではないのかと思う次第です。ジョン・トマックの時代からですので30年以上昔になりますかね。
個人的にはODIがロックオングリップを発売して一世風靡した頃には、消えていくのかと思ったのですがね。
どっこい今でも現役です。懐古趣味だけで選ばれるわけでもないところが凄いです。
今ではマウンテンバイクのみならず各カテゴリーのバイクで選ばれるグリップなのです。
税込当店価格 ¥1530なり。各色在庫しています。

5速の時代

4MTが主流の時代に「走りの5速!」というコピーでスポーツモデルが販売されていたのは1970年代。
自転車ではなくて車の話ですけどね。
1970年に5段ギアのジュニアスポーツ車を買った私は、憧れの5段ギアに大感激でしたっけ。(カンパでさえ5段ギアの時代でしたのでね。)
思えば5速ギアは、当時大人から子供まで憧れの時代だったのです。

20230926_150814.jpg

で、今は2023年ですので、あれから50年以上過ぎたわけですが、現在ではリアハブに付く歯車は12枚。12段ギアとなっています!
半世紀の経過で倍以上のギア段数となったのですね。
小学6年生当時は、こんな時代が来るとは思いもしませんでしたよ。
本日はご依頼された5段ギアのバイク整備をしつつ、そんな事を考えてみたり・・・・。

最近のスプロケは

メンテナンスでお預かりしていたマウンテンバイク用のホイール。
↓コレね。

20230821_091914.jpg

このホイールを偶然目にした私と同年輩のお客様=40年来のローディで、メインバイクは6700アルテ。10速時代ですね。
その方からこんな質問をされたのです。
「このホイールは何用?」
最近のマウンテンはローが50T越えてますのでね。昔のスプロケの概念では見える造形がかなり異質なものに見えたのでしょうね。
最近のマウンテンは大体こうですよ。とご説明しても半信半疑のご様子。
正直言うと登場から既に数年経っているのに、説明する私もこのスプロケには違和感アリアリですよ。未だに。
そんな具合ですから、にわかに信じてもらえないのも無理ないです。

7700系のデュラ

7700系のデュラというと、ワタシ的にはそんなに古いというイメージはなかったのですが、(なんといってもWレバーではないモデルですのでね)それでも登場は1996年ですって。
25年以上の四半世紀前モデルとなるのです。十分古いモデルなのですね。
この7700系フルアッセンブルされたロードバイクを復活させたいとの事で、持ち込まれたバイクのクランクがこうなっていました。
(10年以上ぶりですかね。オーナー共々お懐かしゅうございます。)

20230901_142014.jpg

最近の中空デザインのクランク&ギア板なら、こういった縦割れ状態を見る事も稀にあるのですが、アルミ無垢のモデルでは珍しいのかと。
少なくとも私は初めて見ましたよ。ミルフィーユ状態のギア板。
四半世紀経過していますのでね。こういう事もさもありなんと納得していただきました。

こんなの出てきたよ

工具箱や部品箱。
何かと便利なストレージですが、定期的な中身の整理整頓が必要です。使いっぱなしだと中身が何だか分からない使い勝手の悪い物となってしまいます。
という事で時折メンテするのです。
そして昨日はこんなモノを見つけてしまいましたよ。

20230523_132036.jpg

このカンチブレーキ。何でしたっけ。
調べるとどうも「Joe's 」らしいです。
そういえば、昔アメリカ製の削り出しカンチブレーキが流行った時代があったよね。
クラインとかが幅を利かせていた頃だから1990年頃だっけ。もう30年以上昔だよね。
昨晩何を食ったか思い出せない最近ですのでね。
忘れるのも無理はないですよ。(苦笑