FC2ブログ

カテゴリ:こりゃ便利だ! の記事一覧

キャリパーブレーキ用オフセットシュー

本日はキャリパーブレーキのブレーキシューの上下調整範囲を10mm程延長可能にして、あたかもロングアーチ版の様な使い方を可能にする商品のご紹介です。
昔々に一度ご紹介したような気もするのですが、最近この商品を使う機会がありましたのでね。
改めてこのパーツの便利さを確認いたしましたので、本日のエントリーとなった次第です。
今回の使用条件は、カンチ台座の付いた406の20インチフレームに451ホイールを導入して、使用が難しくなったカンチブレーキをロード用のキャリパーブレーキに置き換えようとしたところ、シューの調整位置が微妙に届かなかった。
そこでこの商品が登場となった訳なんですが、こんな感じで付きましたよ。

P3560419.jpg

この商品、多少強引な発想の商品で生産数も少ない為、ペアで¥3200もします。ロングアーチのキャリパーに変えてやれば安く済むとの意見もありますが、前後で同一銘柄のキャリパーを使いたい等、採用に納得できる理由もありますのでね。
少ないながらも需要はあるのです。効きも悪くないですよ。
そんな滅多に売れない、雰囲気的には家具屋さんの仏壇のような商品ですが、ひっそりと在庫してますよ。(苦笑

ペダルスペーサー

クランクとペダルの接合部分は、 軸と軸受けのによる絵に描いたような嵌合部分であります。
ここは大きなトルクが絶えず掛かる場所ですので、重要な嵌合部分という事です。
そんな訳で最近のクランクは、この嵌合部分に凹加工をして確実な面接触を図る設計の物が増えましたね。
そこで最近需要が増えてきたパーツに、このペダルスペーサーが挙げられるのであります。

IMG_20190705_150022.jpg

このスペーサーが無いと、ペダルの種類によってはアルミ製のクランク座面をえぐってしまう事になるモノもありますしね。

しかしですね。
お客様から時々欲しいというお申し出がある時の用途は、ペダル位置の微調整用。いわゆるQファクターの微調整用での需要の方が多いような。
そんな気がしてますけどね。

GIANT CONDUCT BRAKE SET

2年程前よりデリバリーされているGIANTの油圧ブレーキシステムですが、ワイヤー引きの通常STIレバーを油圧システムに変身出来るというスグレモノです。かなりのアイデア商品であると思うのです。
これはGIANTの完成車にも多く採用されていますので十分な実績のあるシステムで、お使いの方の評判も良いです。

P3560347.jpg

そうなると、このパーツをマイバイクにインストールして、簡易油圧化するというのも魅力ある選択ですよねえ。
勿論、STIレバーからの完全油圧システムが良いのは分かっていますが、初期投資を考えるとねえ・・・・。
そんな訳で、このシステム登場となるのですよ。
最近増殖中のDISCロードですが、ワイヤー引きDISCブレーキをお使いの方なら、このキットを導入する事で、ドロップハンドル用の油圧システム構築が可能となるのです。(ポストマウント、フラットマウント、140-160mmローターに対応したキットが販売されています)
下り坂でのコントロール性は、この簡易型油圧システムでも格段にアップしますのでね。十分魅力的です。
専用デザインのCONTACTシリーズデザインのステム+このブレーキセットで、パーツ代が合計約¥25,000なり。それと工賃。
8Sや9S採用のSTIレバーをそのまま流用しつつ、このお値段での油圧化は十分価値ある投資かと思うのですがね。
オススメです。

ミノウラはエライ

スポーツバイクを買ったら欲しくなるアクセサリーにバイクスタンドが挙げられます。
こんな感じの後輪保持タイプが主流ですよね。
ds-30blt-m.jpg
このデザインですと保管以外にもメンテナンススタンドとしての機能も期待できます。シンプルなデザインですので使わない時にも邪魔になりませんし、お値段もリーズナブルです。
そんなところが人気の理由かと。

従来ミノウラ製が一般的でしたが、外国メーカーの主に価格面で有利な設定の同じような商品が増えている最近です。これはどの分野の製品でもご同様かと。
そんな流れに押されっぱなしの日本メーカーが多い中、ミノウラから最近リリースされた改良型スタンドは、良く練られた素晴らしい製品であると思うのです。
例えば
DS-40CS_image_MTB.jpg
DS-40CS=クイックレリーズの頭クランプを止めてチェーンステー保持にデザインされたスタンド。
スタンドを腕力で広げる作業レス&スルーアクスル対策の製品。
税込当店価格 ¥2900なり

そして真打ちとも言える
DS-30MP_parts.jpg
DS-30MP=どのメーカーのクイックレリーズ形状にも対応&スルーアクスル対策の製品。
税込当店価格 ¥2500 なり

きめ細やかな対応が素晴らしいと思うのです。

CATEYEのスモールパーツ

日本製バイクアクセサリーが、それこそ市場を一世風靡していたのは遠い昔。
昔のような輝きはありませんが、今でも頑張っているメーカーもあります。その筆頭はCATEYEなのかも。
私達にとっては身近な日本メーカーですので、文句なく応援したいです。
それにCATEYEには国外メーカーには無い大きな強みもありますしね。
例えば、製品のスモールパーツの充実と簡単に入手出来る体制が整っている事は大きな強みかと思うのです。
サイコンのマグネットやライトの標準ブラケットの再入手は比較的多い要望ですし、標準品以外にも魅力的なスモールパーツが多く有る点も見逃せません。
例えば、CFB-100 センターフォークブラケット
5342440.jpg
税込当店価格は¥680
フォークのセンターダボ穴を利用してライトをマウントする為のブラケットです。
こんな感じで取付可能となります。
5342440_CFB-100_image02.jpg
こんな感じでライトがマウントされていたら、ちょっとマニアック感が演出される通っぽい感じですよね。

テールランプブラケットでは、こんなモノも。
RM-1 サドル用ブラケット 税込当店価格 ¥970
5446510.jpg
テールランプの多くはシートポストかサドルバッグにマウントする事が多いです。
CATEYEでも標準ではそのマウント選択なんですが、これはサドルレールにマウント可能となるパーツです。
こんな感じですね。
5446510_RM-1_image.jpg
サドルとの一体感が強調される、これまた通っぽいマウントとなりますねえ。

こんな感じで痒い所に手が届く的な、スモールパーツが簡単に入手できるのは、CATEYEの大きな強みかと思うのです。

3 ファンクション エアーチャック

昨年発売された密かに大絶賛されている商品が有るんですよ。
その商品がコレ。
3fairc.jpg
英式/米式/仏式の3種類のヘッドにアダプター無しで対応可能なエアーチャックであります。
但し、需要は限定的ですけどね。
理由はコンプレッサー対応のエアーチャックですので、コンプレッサーを持ってない人には無用な商品だからであります。
その意味では業務用として、自分にご利益が絶大だった商品といえますね。
個人的には、今までこんな商品が無かった事が恨めしいよー!と思えてくる程の大絶賛商品なのです。
(想定外なんですが、お客さまで購入された方も複数名いらっしゃいます。コンプレッサーを保有して自転車ライフをおくっている。そんなマニアな方は想像以上に多いのですね。)

フレンチ側のパッキンは、業務で使っていると半年程しか保ちませんが、ちゃんと交換部品もありますので問題無し。
そんな所もスバラシイです。
税込当店価格¥2120の優れものです。

キャットアイ RAPID micro AUTO

婦人車等では広く認知されている、スイッチを気にせず機能するオートテールライト。
通勤・通学等では非常に重宝するアイテムであります。
スポーツ車用でも、この明るさ&振動センサーで自動点灯と消灯をしてくれるテールライトが、昨年より幾つか登場しています。
その中でも一番人気は、このモデルかと。
RAPID micro AUTO TL-AU620-R 
機能等は下記動画が分かりやすいですよ。



USB充電テールライトでは 定番的人気商品であるRAPID MINI にオート機能を搭載されたと思って頂ければイメージしやすいのかもです。
税込当店価格 ¥3580なり。