fc2ブログ

Closer Plus 700x20

ロードレーサーのタイヤ幅は、時代と共に人気というか基準となる太さは太くなる一方。
23mm幅が基準となっていた時代ははるか昔、いつしか25mmが基準となり今では28mmが基準となっていますね。
現在28mmが基準となっているという事は、もう少しワイドにしたいという事で30とか32mmを選択する方もいる時代なのです。
で、23mm基準の時代からベテランサイクリストは必然的に高齢となっていますのでね。そんな時代に付いて行けないのですよ。
頭では太いタイヤのメリットが分かっていても、それは違うだろー!となってしまうのです。
そんな方に密かに人気のタイヤがコレであります。

IMG_0231.jpg

パナレーサーCloser Plus 700x20 20mm幅ですよ!さすがに190gと軽量。
推奨内圧も7.5k~とチューブラー並です。
今となっては希少なサイズのタイヤでガラパゴス的商品とも言えますが、密かに人気のタイヤであります。

リプレース用ラバーバンド

簡単お手軽な固定方法として、ライト・サイコン等でラバーバンドの活用例があります。
簡単に言うとゴムバンドですので、一般に抱くイメージとして固定法としてこれで大丈夫なのかね?と思うのですが、想像していたより耐久性は有るというのが経験的感想であります。
とは言うものの、思ったよりという範囲の話ですのでね。頻繁な脱着等でバンドはいずれ切れてしまうのです。
そんな時のために各メーカーリプレース用で用意されていますよ。
例えば写真のCATEYE AMPPライト用のラバーバンドですと¥300なりでお求めいただけます。

IMG_0219.jpg

お気に入りのライトであれば、予備的購入もアリなのかもです。

Panaracer バルブコアツール

前回エントリーしたバルブコアツールの話を受けて類似した商品のご紹介です。
今回のツールはパナレーサーのバルブコアツールとなります。
panavtool.jpg
このツールの場合はマルチではなく、フレンチバルブ専用のコアツールとなります。
最大のウリは1セット2個組で、通常はバルブキャップとしてチューブと携行出来るところですかね。
都合小さなツールにありがちな紛失することを減らせますよ。
税込当店価格 ¥550なり。

TOPEAKのバルブツール

用途を考えると何気に少し割高な感じもするけど、あると便利なツール。
それがTOPEAKのバルブツールです。

tpkbct.jpg

フレンチバルブのバルブコアの付け外し。フレンチバルブ延長アダプターの付け外し。
そして米式バルブのバルブコアの付け外しまでこれ一個で対応可能なマルチツールなのであります。
特に最近はフレンチバルブのコアは外せるタイプが大半となってきましたのでね。外さなくても増し締めツールは必須のアイテム。
一個あれば何かと便利ですよ。
税込当店価格 1490 なり。

パナレーサー RiBMo S

クロスバイク等で、特に通勤等の日常の下駄代わりに使う時に人気のタイヤがパナレーサーのRIBMO-Sであります。
耐パンク製と耐摩耗性に優れたアーバンタイヤ。少々重いですが信頼感は抜群ですよ。

20240206_132522.jpg

今回女性オーナー様のご希望で700x23 ホワイト仕様装着となりましたが、そんな要望にも対応出来るラインナップも魅力ですね。
近年値上がりして¥3000を超えるお値段となりましたが、それでも競争力は高いと思うのです。
650×25C 700×28C  両サイズのブラック色なら常時在庫中。
税込当店価格 ¥3070 なり。

VITTORIAのチューブレスツールキットレビュー

先月ご紹介したツールVITTORIAのチューブレスツールキットですが、その使用感のご報告が未だでしたので本日はその話であります。
再度このツールは、どんな商品かというと
チューブレスレディタイヤに最適化した最近のリム形状から、リムエッジに乗ったタイヤビートが外れないで苦労する時があるのですが、そんな時ビートをリムの内側に簡単に落とせるツールなのです。
タイヤ交換やパンク修理時に時々そんなタイヤとリムの組み合わせに遭遇するのですが、何か良いツールは無いものかねえと思っていたのですよ。
で、このツールですが、一言予想外に良かった!

20231226_093940.jpg

過去この手の王様のアイデア的デザインのツールには散々煮え湯を飲まされてきた記憶が強かっただけにね。
予想外でありました。
当に必要は発明の母を地で行く商品ですよ。強固なタイヤ&リムの組み合わせにも有効。
これは自信を持ってオススメ出来ますねえ。

話は変わって、年末年始の営業のお知らせです。
12/29(金)より1/3(水)までがお休みで、新年1/4(木)より営業いたします。
以上宜しくお願い致します。

Cateyeスモールパーツ

cateye製品の強みは、スモールパーツに至るまで入手が非常に容易な点があげれれます。
豊富なラインアップから自分の用途にあった製品を使い倒す環境が揃っている点が素晴らしいのです。
日本人にとって日本メーカーである事の強みですね。
例えばこの商品。
off200brk.jpg
GPブラケット OF-200用 
税込当店価格は¥320なりですが、ハンドル周りのサイコンブラケットにcateye製のヘッドライトをスマートに増設する事を可能とする商品なのです。

of200_02.jpg

こんな具合にスッキリとしたマウントが可能ですよ。
これを流用して他社製品のマウントと合体させる事も可能ですので、それこそアイデア次第で装着幅がグッと広がるナイスアイテムなのですね。
他社では真似のし難いcateye強みだと思うのです。