内蔵フルアウターは・・・・

最近のスポーツバイク、特にカーボンフレーム採用のモデルの大半はワイヤー内蔵デザインになっていますよね。
このデザインを採用すると、フレームの表面の一体感が増しますし、エアロ効果的な面でも有利なんでしょうね。微々たるもんでしょうけど。
しかしメンテナンス的な側面からは、有利な点ははとんどありません。
同じ内臓デザインでもフレーム毎に仕様は変わりますので、これがまた面倒なんだよねえ。
道理がわかっていれば、特に高度な技術は必要としませんが、都合徒労に終わる時間が多くなってきます。

P4210006.jpg

特に内蔵フルアウター仕様のデザインは、段取りが重要です。
場数を踏めば簡単なんでしょうがねえ。
次やる頃には忘れてしまうのが常なのであります。(苦笑

管理者にだけ表示を許可する