fc2ブログ

木綿のバーテープ

ドロップハンドルに巻くバーテープは、昔はそのほとんどが木綿製でした。
昔っていつの話だよと言うと、70年代ですけどね。
その後、ビニール系(キャットアイのシャイニーテープが有名でしたっけ)やコルク系(チネリのバーテープといえばコレでしたね)が出て木綿製は駆逐されていったのです。
しかし、最近のクロモリロードの復権やバイクに対するニーズの多様化に伴って、この木綿製のバーテープも復活しています。復活といってもささやかな状態ですけど。

P3560323.jpg

木綿テープの作業をしてると思い出すのですが、紫外線等で劣化が顕著なのはこの木綿製で、巻直しには古いテープの剥離作業だけで苦労しましたっけ。
ボロボロになった繊維が、粘着テープと絡まってハンドルバーから剥がれないのですよ。それこそ巻くまでが一仕事って感じでした。
1年前後での巻直しなら呆気ないほどに問題なく終えるのですがね。
今回の作業は、前回交換から丁度1年でしたので問題なく終えましたけど。
ホッとしましたよ。

コメント

非公開コメント