fc2ブログ

サムシフター

マウンテンバイク黎明期のシフトレバーは、Wレバーをハンドル部分に移設可能とした流用品でありました。
それは次第に進化して、親指操作に特化した形状を獲得した頃からサムシフターと呼ばれるようになったのです。
しかしそのサムシフターも、その後登場したラピッドファイアと呼ばれるシフターに駆逐される事となるのですがね。

年末にご紹介したWレバーをハンドルにマウント出来る商品は、マウントしたハンドルがドロップバーという事もあってサムシフターとは呼び辛いものでした。ハンドルにマウントされようとも、感覚的にはWレバーなんですよね。
しかし本日ご紹介するのはマウンテンバイクのハンドルにマウントしましたのでね。同一商品ながらサムシフターと呼ぶのに抵抗ありませんよ。
親指操作に特化したレバー形状ではありませんが、レトロ感はマシマシであります。

20240130_152544.jpg

コメント

非公開コメント