最近の売れ筋

昨今のスポーツバイクブームの立役者は、ロードレーサーに代表される700cタイヤ採用のモデルである事は異論の無いところであります。
それに伴って、関連商品の売れ筋も以前とは大きく様変わりしてきました。

まず挙げられるのは、ゲージ付のフロアポンプ。
700の細いタイヤで過不足無く走るには空気圧管理が必須で、どんな高性能モデルでも、まず空気圧となりますもんね。
良く売れる要因には、性能の良くなった台湾製ポンプが廉価に種類も豊富だという事も無視できませんな。
当店でも現在4種類のゲージ付フロアポンプを置いてますが、一番売れるのは最廉価モデルとなります。

次に目立つのは、コンフォート系サドルとなります。
細い高圧タイヤ、しかも久しぶりの自転車ともなれば、標準装備のサドルではオシリに非常に厳しい環境でありますもんね。
サドルも同じく台湾製が多いのですが、ポンプと大きく違うのは多少高くても説得力のあるモデルが良く売れると言う事。
台湾製で安い!では全く売れません。
これって、サドルの市場がポンプの市場より成熟した市場である事の証左なのかも。
もっと判りやすく言うと、オシリの痛みに耐えかねた人にとってのサドル選びって、藁をも掴む思いで決してお金の問題じゃないと言う事なんですな。
sd0618.jpg


むむむっ、ビジネスチャーンス!
サドルコーナー密かに充実しました。

管理者にだけ表示を許可する