楽で良かったです

年に数回、こりゃ旧車だ!と思えるバイクが整備で入庫してきます。
この場合どれくらい古いと、こりゃ旧車だなあと思えるかの定義を解説しますと、私が仕事として自転車を扱う以前のモデル、つまり年数で言うと約25年以上昔のバイクとなります。
この場合、25年と言うより四半世紀以上昔と言った方が雰囲気でますよね。
old1001.jpg

で、本日の旧車は、おそらく30年以上昔のスポルティーフ。
Fメカには、高1の時私も買った事があるサンツアーのSLが装備されております。
トップノーマルのFメカは現在では絶滅したレイアウトですよね。
すき焼きの肉抜きはダメですが、このメカの肉抜きバージョンは強烈に憧れたんだよなあ~当時。
等々思い出しつつの楽しい整備となりました。
BBを外すと、そのバイクの素性というか、扱われ方がおおよそ想像出来るものでして、このバイクの場合、雨天での使用はほとんど無く年数の割りに走行距離も少ないと判断出来るものでした。
旧車の場合、あちゃー!!と言う場面に出くわす事が多いのですが、今回スムーズに作業が進んだのには、そんな理由が大だと思うのです。(おかげで写真を撮る余裕もあった訳です。)
大事に使われたオーナーに、こりゃ感謝ですね。
だってあちゃー!の時もスムーズの時も頂ける工賃は同じなんだもーん。

管理者にだけ表示を許可する