スラムのシフター

クリスマスだからといってケーキは食べなくなって久しいですが、焼き鳥とビールは欠かせません。
メリークリスマス。
今年も美味しくいただきました。
smx71225.jpg

スラムのシフターがブラケットの付け根から折れました。
ほとんどキズもない状態できれいにポキリとね。(写真は修理時に分解したもので、ご覧のようにパックリ開いて壊れた訳ではない)
これで二例目です。
ハンドルにクランプ部だけ残して、シフター本体がぶらりと垂れ下がるこの現象は、シマノのシフターでも起きる現象ですが、シマノの場合明らかなダメージが複数加えられたと思しき痕跡が残るもので、このように綺麗なままでお亡くなりになる事は稀だと思います。
スラムのシフターって打たれ弱いのかも?と断面を見てみると想像以上に少ない面積で保持されている事が判りますね。
smx712252.jpg

コの字型に成型され剛性を計った設計が見て取れますが、シマノの同クラスのシフターのこの部分の面積は明らかに広いですもん。
前後の水平方向は良しとして、上下方向の衝撃には想像以上に弱いのかもと思わせる断面ですな。

管理者にだけ表示を許可する