おねえさんの注文

バイクのカスタマイズでコンセプトの一つに、メーカーや性能ではなく色で遊んでみるってのがありますよね。
この場合派手にバーンといくのもありだと思うのですが、デハデハ路線は最近どうも食傷気味で胃にもたれるんだよねえ。
なんて方も多いんじゃないかと思う最近です。

さり気なく何気なく、友達にあれっ、もしかしてパーツ変えたの?って言われるくらいなのが百戦錬磨の出来る男、その世界の通ってもんです。
奥ゆかしく決めてみるって言う選択が、この場でも度々登場する見えない所にこだわるオシャレさん理論にも合致する訳ですね。
redsp1124.jpg

通勤用にこのバイクを新調されたのは、若くてきれいなおねえさん。
未だこの世界では、野郎じゃない事だけでも稀なオーダーですが、女性でもバイクでカスタマイズってステキですよね。
で、特出すべきは、ご自分の希望でスポークとニップルの色配置を指定された事なんですよ。
全部赤いスポークにしてね。なんて言わない所が通ですねえ。
いやあー、分かってらっしゃる。

こんな経緯から彼女に対する個人的な好感度も急上昇。
若くてきれいでセンスの良いステキなおねえさんとなった次第。
うーん、すばらしい。

管理者にだけ表示を許可する