トゥクリップ&ストラップ

LOOKがビンディングペダルを発売したのは25年程昔のこと。
あえて四半世紀前って言うと歴史を感じますよね。
当時は画期的な商品で、驚いたもんです。
スキーのビンディングからヒントを得た新発想に、もーびっくり!
本場の人の想像力にはかないません。

しかしこのシステムの登場後、トゥクリップ&ストラップはすっかり日陰者扱い。
20年ほど前のマウンテンバイクの隆盛期にもトゥクリップ&ストラップが、ほとんどのモデルに標準装備されているものの実際装着し活用される方は驚くほど少なく、店にはこの使われないトゥクリップ&ストラップがゴロゴロする状況となったのであります。
増える一方のトゥクリップ&ストラップは、最後にはゴミ扱い。
新車から完成車を組み上げる時には、有無を言わさずそのまま廃棄処分。

tcs0512.jpg

どっこい最近では、トゥクリップ&ストラップはもちろんハーフクリップまで売れてしまう世の中となってしまいました。
写真は最近仕入れたトゥクリップ&ストラップです。
ああ、もったいない。もったいない。
あれを廃棄せずに持ち続けていたのなら、今頃きっと・・・・
なんて思い出が邪魔をして、お金を払って仕入れるのに忸怩たる思いがあったのも事実です。
あぁトゥクリップ&ストラップが復権する時代がこようとは!
トホホな話です。

管理者にだけ表示を許可する