後戻り出来ませんよ

cannondaleのsi思想。
し、しそうって呼ばないでね。子供じゃないんだから。
siとは、システムインテグレーション。
つまりパーツ単体で設計するのではなく、パーツの集合体としてバイクデザインを見直そうという考え。
そのsi思想で最大の収穫は、2010年モデルの他メーカー製品にも採用率がグンとアップしたBB30と呼ばれるBB規格かもです。
プチブレーク状態。何事も10年頑張れば、花開くもんですね。
今年の高級バイクデザインは、よりデブったBB周りのデザインがcannondaleに限らず、トレンドとなった感があります。

P3080026.jpg

しかしBB30が圧倒的に良いシステムなのかと言うと、色々と言い分はあるようで、現実問題としてBB30を採用しないシマノのクランクが使えないというのが、最大の問題点な訳です。
アダプターをインストールしてシマノクランクも使えるように変更可能なのですが、困るのがBB30から従来型は変換出来ても、従来型に変更後はBB30に戻す事が出来ない点なんです。
特に完成車でBB30仕様のバイクを買った方にとっては、シマノクランクに変えたい時には、正に男の決断を迫られる次第。
アダプターを入れたら最後、もう後戻り出来ませんよ!となる訳ですからね。
絶対に離婚は出来ない結婚を迫られた気分なのかもです。

ただ高価ですがフレームも変えてしまう覚悟があれば、やり直しが効くのは言うまでもない事で、現実の人生とはココが大きく違う点ですね。
何か気が楽になったでしょ。


管理者にだけ表示を許可する