デルタブレーキ

80年代後半に登場したカンパのコルサレコード。
と言っても腰に巻くパーツではないんですよ。
そりゃコルセットでしょ。
しーん。

コルサレコード、通称Cレコードには当時強烈に憧れたもんです。
特にデルタブレーキデザインは、他の追随を許さない圧倒的かっこ良さでした。
思うにシマノがSTIレバーを出す以前の、この時期までがカンパが誰もが認める絶対的王者の時代であったと思うのです。
そんな時代背景もあって今見てもCレコードはカッコいいですねえ。

PB050023.jpg

このブレーキの特徴は、不用意にロックしたりしないプロ向けのセッティング。分かりやすく言うと利きが悪い。
これは当時からよく言われていた事でしたねえ。
最近のブレーキに比べるとびっくりするくらい利きません。ブレーキブラケットを握ったままでは完全なノーブレーキ状態です。
特に今日整備したデルタブレーキは驚くほど効きが悪いですね。(最終型で多少改善されています)
これでアルプス下ってくるとは、本場のプロは違いますなあー!とはこれも当時からよく言われたセリフ。
だけどカッコ良いブレーキです。

管理者にだけ表示を許可する