TRID WEIGHT WEENIE CLAMP

IMGP622001.jpg

バイク用のパーツは、素材のカーボン化が昔から盛んです。
フレームやらハンドル、サドル、最近ではカーボン製のボルト&ナットなんてのもありますもんね。
最近の高級ロードバイクは、クランクから変速機、ブレーキキャリパー等もカーボン製ってのが存在しますからバイク全体が黒いパーツで覆われた、黒い塊の様なシルエットが多いのはその為です。
しかし個人的にはカーボンより金属の削り出しの方にありがたみを感じる世代ですので、カーボン一辺倒路線は100%までは受け入れ難い高級化だと思うのです。
なんと言っても金属のシャープな質感の方に、高性能マシンのオーラを感じてしまうんですよね。

とは言うものの、カーボンは金属の持つシャープな質感には負けていますが、重量に関しては圧勝です。
先日ご紹介したTRID DESIGNからもこんな軽量パーツが入荷しています。
カーボン素材のシートクランプ。
さすがにボルト部分はチタン製ですが、トータル10gの重量は立派です。

R1011527.jpg

こうして見ると、カーボンバーツと言えど、見方によってはシャープな質感でグッドデザインですねえ。
金属の方が云々なんて言えない時代が、もう来ているのかもです。
カーボン化は続くよどこまでも。
って感じですよね。

当店販売価格 ¥3,300 なり。


管理者にだけ表示を許可する