モデルチェンジ

マウンテンバイク用の定番タイヤと言うと、過去に多々変遷はありましたが、現在ではNEVEGAL(ネベガル)が筆頭に挙げられると思うのです。
NEVEGALと言うとメーカーは、今では皆さんご存知のKENDAな訳ですが、過去の変遷を考えると遂にそんな時代が来たのか!って感慨に耽るのです。
おじさんはね。
そんな一流メーカーの仲間入りを果たしたKENDAですが、最近パッケージがモデルチェンジしました。

20110503-DSC02027.jpg

左が新しいパッケージなのですが、一商品あたりの占有面積が感覚的には約半分となっています。
店舗では、当然制約のある面積に銘柄とサイズを揃える必要がある訳ですから、こりゃ大歓迎のモデルチェンジです。
従来デザインは、ヘッダー部分をこれでもか!と大きく広げたもので、個人的には孔雀のオスの求愛行動みたいじゃね?なんて思っていたんですよ。

認知度の上がったブランドを必要以上に告知する必要もなくなったのかな。
これはナイスなモデルチェンジです。

管理者にだけ表示を許可する