MOON meteor

高額な商品が高性能なのは分かりますが、値頃感もありつつ納得いく性能ってのが、誰しも求めているモノだと思います。
例えばライトですと最多販売価格帯は¥2000前後ですので、高額だけど高性能なら出してもいいかな?という価格帯は¥5000位なのかなあって思います。
今までの販売経験的にね。
そんな訳で本日は、明るいと噂の新型¥5000クラスライトのご紹介です。
MOONの meteor。
メテオですよ、メテオ。
ゲームのFFでは、メテオって言うと強力な呪文でしたので何か期待できそう。 (笑
USB 充電式LED ライトではかなり明るい200ルーメンを表示する新商品です。
個人的にも気になったので、このクラスでは現在定評あるライト= ユピテルのAS-CL5000-2(220ルーメン表示)と比較してみました。(但し、こちらは単4電池式)

20121211-P1020744.jpg

左がユピテル、右がメテオ。
どちらも金属ボディで質感はいいです。(単4電池式のユピテルの方が少し大きい)
で、肝心な明るさは

20121211-P1020743.jpg

これが、ユピテル。
約3メートル先のスーパーカーを照らしてみました。(笑
自慢のフォーカス機能でスポット的な配光です。(フォーカスは最大拡散位置)

20121211-P1020742.jpg


こちらが、メテオ。
点灯3モードの一番明るいポジション。
コチラは、フォーカス調整はないので配光が散漫していますが、自然な配光で見やすいです。
率直な感想ですが、ユピテルの方がインパクトのある照射の仕方ですねえ。
(ユピテルの方を商品名、メテオにすべきって思いましたよ)
明るさだけならユピテルの勝ちという結果だと思いますね。
結論
メテオにはヘルメット用のブラケットも付いているので、ハンドルにユピテル、ヘルメットにメテオ装備で広範囲な照射を狙うってのが、完全ナイトライダーなのかもですね。

MOON_METEOR1.jpg


・電球:高輝度白色LED1個(CREE XT-E R5)
・明るさ:最大200ルーメン
・点灯時間(最長):オーバードライブ/約1時間50分、 ハイ/約3時間35分、スタンダード/約8時間、
点滅時間(最長)/約7時間、ストロボ/約6時間55分
・電池:充電式リチウム電池
・充電方法:USB
・充電時間:約2時間
・取り付け可能範囲:22-31.8mm
・特徴:高精密光学レンズ、取り付け工具不要ラバーブラケット、自動充電終了機能、生活防水
当店販売価格 ¥4530なり。

管理者にだけ表示を許可する