シャマルのリム交換

カンパのチューブレスホイールのリム交換の備忘録。
ニップルのアクセスホールが存在しないデザインの為、ややこしい作業のメンテナンスとなります。
まず今回の作業ではリムのみの交換ですので、旧リムからニップルを摘出する必要があるのですが、ここは男らしく開腹です。
グラインダーでギューン!
この方法が一番簡単にニップルを摘出出来ます。
P1020425.jpg

で、一番厄介なのが、新しいリムにニップルをセットする作業。
カンパの標準工程では、アルミ製のニップルに磁気に反応する鉄のネジを装着して・・・・との工程なのですが、これが何ともやり辛い。
という事で、こんなSSTの登場です。
P1020427.jpg

糸にナットを装着して、スペシャルなツールの出来上がり。
これをバルブホールからそれぞれのニップルホーまでル磁石で誘導していく訳です。
慣れれば、1ニップルあたり1分の作業時間で装着完了です。慣れてくると、確実にこの方法がやり易いです。
P1020424.jpg

慣れてくればね。
慣れる頃には今回の3Gホイール7組、計21ホール終了で、約1時間かかりました。
が、次回は30分位かと。
そのまた次は20分位まで短縮出来るかも。
しかし問題は、シャマルのリム交換なんて次回が何時かという事 で、かなり先の話でしょうから、実際には次回も1時間は必要かもね。
P1020430.jpg

その後は、ご覧のニップル回しで通常通りの作業工程となり完了。
めでたし、めでたし。
試行錯誤が、それなりに楽しい作業でしたね。

管理者にだけ表示を許可する