ブルーノ変身

ミニベロブームを牽引するブランドと言っても良いブルーノですが、その核となる車種はミニベロロードと呼ばれるドロップハンドルモデルです。
minivelo20.jpg
↑コレね。
406サイズの20インチホイールで、しかも比較的ホイールベースは短いデザインですので、ドロップハンドル仕様ではイマイチな印象も。
乗って何か楽しくないんですよね。
少なくともミニベロロードという、ちょいスポーティな語感から受ける印象とは、実際には違う性格のバイクですので、もっとスピードレンジを落とした性格にした方が幸せになれそうな気がしていたのです。
と言う事で、当店の試乗車分の同バイクを変態!じゃなかった変身!させてみましたよ。

20130422-P4220194.jpg

幅広の後ろに緩やかにスイープした、大人の雰囲気なバーを採用することで印象は大きく変わりました。
標準で1.5インチ幅の太めのタイヤですので、このバイクの狙ったのんびりポタリング的なスピードレンジでは、このスタイルの方が抜群に乗り易いです。安定感も増して歩道をのんびり走っても何らストレスがたまりません。
と言うか、ハンドル一つでガラリと性格が変わって、個人的にも愛おしいバイクに大変身。
通勤号に欲しくなってしまいましたよ。

管理者にだけ表示を許可する