1990年前後でしたっけ

マウンテンバイクが登場して、それこそブームと言える様になった1990年前後にお買い上げ頂いたバイクの整備依頼がありました。
ずーっと倉庫に眠っていたとの事で、状態は驚く程良いです。
例によって嗚呼こうだったねえ、あの頃は。次々と懐かしい記憶が・・・・。
整備中は、そんなノスタルジーな一時となったのであります。

P1000300.jpg

この頃のトップグレードバイクのコンポは、サンツアーのXC PROでしたね。
マイクロドライブ登場の頃よりシマノとは明確な格差が付き出しましたが、リアハブがボスタイプ採用のこの頃のXC PROアッセンブルのバイクは正に王様でしたっけ・・・・。

P1000298.jpg

タイヤはこの頃の大定番であるパナレーサーのティンバックⅡ。
クロカンからダウンヒルまで何でも来いの一番人気タイヤでしたねえ。 写真の茶色ロゴはクロカン向けの軽量バージョンでしたっけ・・・・・。
暗い倉庫保管でしたので、あらまびっくり!!サイドスキンまでしっかりした状態です。
変えるのがもったいない位です。(トレッドは確かに硬化している)

P1000301.jpg

チューブはAIR-Bと呼ばれるラテックスチューブが当時王道選択でしたっけ・・・・。
見えないけどピンク色のチューブが自慢出来る時代でありました。
タイヤ同様30年近く経っていますが、ジョイント部もしっかりしてエアー漏れ等もありません。
リムテープは丈夫なイメージのポリウレタン製(確か三ツ星製)ですが、パリパリのボロボロ状態でした。
これは10年以上経過したリムテープでは良く見られる現象ですね。(おまけにチューブ色に染まってピンクになっていました)

状態の良さと相まって簡単な作業だけでしたので、悩む事なく懐かしい思い出ばかりの作業となったのであります。
ありがとうございました。

パナレーサーのタイヤ

家電等と同じく、日本製のサイクルパーツが世界中でブイブイ言わせていた時代は、今となっては遠い昔であります。
淘汰され、細々と残っているサイクルパーツメーカーの製品群も昔を思うと寂しい限りでありますねえ。
そんな規模縮小の現状ですので、レース等のプロモーション活動も激減。アピールする新基軸も滅多に出てきません。
価格だけではない絶対性能でも日本製品は一定レベルの性能維持はしていると思うのですが、正直没個性的商品群ですので先行き増々暗いです。
そもそも今では完成車に採用される機会もないですので、一般の方への認知度も低くなる一方です。

日本製のタイヤも今となってはそんな没個性的商品の代表格なのかも。
IRCやパナレーサー。
世界中のレースで大活躍。そんな牽引の時代があったんですけどねえ。
今でも一定の性能は担保された商品なんですけど、アピールするポイントが少ないんですよね。なんか地味な性能なんです。
が、しかし!

P1000297.jpg

昔から思ってたんですけど、パナレーサーのタイヤのパッケージングは抜群です。(確か特許取得済みと昔聞きましたっけ)
なんと言ってもコンパクトにまとまってスマートに展示できる点では、間違いなく世界一かと。そこかい!(苦笑
狭い売り場で荷崩れなくコンパクトに大量展示できる点ではミシュランやコンチ、マキシスの敵ではないですよ。伝統的に。
ずーっと世界最強なんです!
販売店だけにメリットが有る話で恐縮です・・・・。

パナレーサー低圧専用エアーゲージ

pana3bar.jpg
主にマウンテンバイク用に開発された商品になります。
何故なら、最大でも320kPa/3.2barまでしか計測できませんのでね。
つまり指針の頂点は2bar前後になりますので、その辺りの空気圧管理だけを狙った潔い商品なんです!(米式だったら車用にもドンピシャだけどフレンチのみです)
ブースト規格等の最近のマウンテンでは是非揃えたいゲージでありますね。
税込当店価格 ¥2770 なり。

TIOGA 小径車用ブレーキシュー

20インチ前後のホイールが採用された小径車にもVブレーキが装備されている事は多いですよね。
そんな小径車の消耗品であるブレーキシューを交換しようとする場合は注意が必要です。
一般的なVブレーキ用のシューは、26インチとか700cのホイールサイズを前提にデザインしていますので、大きくてこれらの小径車とは相性が悪いのです。
そんな時には、このブレーキシューですよ。

P1000289.jpg

Vブレーキマウントデザインの舟に一般的なロード用キャリパーブレーキサイズの舟ゴムをセットしたデザインの商品です。
小径リムでのセッティングをバッチリ決めやすく=制動力を担保しやすくなるのです。オススメです。
税込当店価格 ¥970 なり。

サマーアイテム

数日前ですが、5月中旬でも北海道では雪が。
なんてニュースから一転、昨日より夏を思わせる気候となってまいりました。
本日のご紹介は、当ブログでは珍しいタイムリーな話題であります。

P1000281.jpg

夏場の水分補給に欠かせない商品、ボトルの展示を充実いたしましたよ。
と言っても正確にはボトル置き場の充実で、ボトルのアイテム数は従来とさほど変わっていないのは内緒であります。(苦笑

EVA FRAME BAG

トップチューブの位置にボトルケージボルトのピッチ(64mm)がマウントされたデザインのフレームも徐々に増殖中です。
そんなフレームに標準を合わせたフレームバッグが入荷してきました。

013943_2.png

従来タイプのトップチューブバッグだと、ストラップ止め(多くは3本)でしたので、最近の太いパイプのフレームにはスマートな装着が難しくなっているのも事実ですので、これはナイスですねえ。
トップチューブにこのマウントが付いたバイクのオーナー様は、さほど必要性を感じなくても買うべきじゃないかと。(苦笑
まあそのくらいの収まりの良さだと思うんですけどね。
どうですかね。 
税込当店価格 ¥3110 なり。

SUPACAZ GRIZIPS

SUPACAZ登場時は(2013年頃)バタ臭い商品デザインもさることながら、ビキニ姿のお姉さん広告がかなり胡散臭かったです。
少なくともブランド導入商品はロードバイク用のバーテープでしたのでね。バーテープをビキニのお姉さんがクネクネ巻くシーンにイメージダダ下がりでありました。
こりゃ間違いなく売れません!
私は、そう断言しましたよ。個人的見解ですけどね。

が、しかーし!
見事に予想は外れ、SUPACAZブランドは日本でも一定の地位を確立している最近であります。
取扱商品も徐々に増えていまして、最近入荷したのがこのフラットハンドル用のグリップ。
grizips_2017_npk.jpg
         GRIZIPS 税込当店価格 ¥1800 なり。 7色展開されてます。
バタ臭さは相変わらずですが、マウンテン用グリップですのでね。
印象的にはそう悪くはないよね。
お値段も¥3000以上するバーテープと比べると安いしね。
悪くないよね。
ねっ。