FC2ブログ

GIANT FATHOM E+ PRO 入荷

前回の記事でRIDGE RUNNERの退役をご報告しましたが、本日当初の予定から約一ヶ月遅れで次期テストバイク導入の運びとなりました。
導入されたのは、GIANTのe Bike FATHOM E+ PRO であります。

P3560559.jpg

RIDGE RUNNERとほぼ同じカテゴリーのハードテールマウンテンになります。
大きな違いはデザインで、バッテリーがダウンチューブに内蔵される様なデザインになっていますので、e Bikeのユニットを取って付けた感が薄いですねえ。計算されたフレームとの一体感がデザイン的にはすごく進歩した感じです。
しかし、バッテリーを外せば、写真にも写る様にダウンチューブには巨大な空洞が生まれます。
個人的には、爆撃機が爆弾を装着する前の爆弾倉のようにも見えますねえ。

第一印象は、一言重いです。
箱から出す時よろけましたもんね。(苦笑
スマートなデザインとは裏腹にズッシリきます。こりゃRIDGE RUNNERより確実に重いです。
充電の為にバッテリーを外して分かったのですが、これは主に重いバッテリーのせいですね。きっと。
それと3極コンセントがないと充電出来ません。(もしくは市販アダプターを併用)
以上が第一印象。

明日より稼働いたします。
試乗ご希望の方はお気軽に。

e Bike RIDGE RUNNER長期テスト 最終回

e Bike長期テストのカテゴリーでは久しぶりの更新となります。
それと言うのも先月前半に膝を痛めてしまい、多少良くなってきた後半には風邪気味の体調となってしまい、寒くなってきた早朝ライドから逃避していたからであります。
それでもこの一月余りで2回程は乗りましたのでね。現在オドメーターの値は微妙に増えた1390kmとなっています。

DSC_0009.jpg
(写真は昨日日本平近くの神社にて。これが最後の写真となりました。)
思い起こせばこのe Bike RIDGE RUNNERに乗り始めたのは2018年の8月でしたので、都合1年と4ヶ月乗った事となりますか。
多少唐突な感じもしますが、今回の更新がRIDGE RUNNERの記事最終回となってしまいました。
理由は、このバイクはお店の試乗車としても活用していますのでね。
発売から2年近く経過する一応現役でもあるこの時期が、次へのバイクにバトンを渡すには丁度良い時期かと判断した次第です。
ここで次へのバイクという言葉が出てきましたが、今となっては私にとってe Bikeは手放せない存在となっていますのでね。
次も同様なバイクが、マイバイク兼試乗車として近々導入予定ですよ。
こうご期待!
なんとなく車種はバレている気がしますけどね。(苦笑

SHIMANO PRO ロックオントレイルグリップ

シマノプロのラインナップにもマウンテン用のアイテムがあるのですが、本日は2020年モデルとして入荷した新型グリップのご紹介です。
shimanolotgrip.jpg
従来からデュアルコンパウンドをウリにしたデザインだったのですが、新型はソフトな部分をより強調したデュアルコンパウンドデザインとなりましたよ。
税込み当店価格 ¥2570 なり。

XON チューブレス用バルブ

愛車をチューブレス化したい場合、最近の主流はチューブレスレディシステムによるチューブレス化が一般的です。
何といっても既にチューブレスレディ対応ホイール装着という完成車も多い最近ですので、チューブレス化にあたりタイヤ・シーラント・チューブレス用バルブを用意すればOKとなるのです。
これなら出費も抑えられ踏み出しやすいですよね。
T8XVC0945RED-L.jpg
本日ご紹介するのは、写真のチューブレス用バルブになります。
リーズナブルなのに気の利いたデザインでお気に入りのXONにもチューブレス用のバルブ用意されているのです。
例によって税込み当店価格が1ペア¥1290とお手軽なのがうれしいですよね。
コアも外せるデザインですので、特にマウンテン等の太いタイヤのリムライン出しに手こずる場面で重宝しますよ!
写真のレッド以外にもブラック・ゴールド・ブルーとそろっています。

シマノプロ SPORTS CONTROL TEAM PRO

と言う、何やらご利益ありそうな強そうな名前のバーテープのご紹介です。

P3560533.jpg

確かにUCIプロツアーチームレプリカモデルという事で、プロチームにも採用されている由緒正しいアイテムなのであります。
私的には、接着面に採用されたスマートシリコンがベタつかず交換が容易という点がうれしいですね。
税込み当店価格 ¥2380なり。
各色入荷中ですよ。

シマノプロ チームチェーンツール

変速機の段数が毎年の様に増えてきて今では12スピードが主流になりつつある現在。
それに伴いチェーンも当然12スピード用の登場となる訳ですが、チェーンツールの方もそれに合わせて新型が登場してきます。
例えばシマノプロのチェーンツールですと、現在このモデルが最新式となるのです。
PRTL00861.jpg
その名も、「チームチェーンツール」
12/11/10/9/8S のチェーンに対応。高い剛性のボディでスムーズな作業性を実現。
税込み当店価格 ¥3960 なり。入荷中ですよ!

RIDER420ケイデンスセンサー付セット

好評ブライトンの新型GPSコンピュータ「Rider420」には、本体のみの420E (税抜き定価¥14300)とケイデンス&心拍センサーが付属された420T(税抜き定価¥21800)がナインナップされていました。
TB0F0R420CBLK-L.jpg
本日は420本体にケイデンスセンサーのみをセットされたRIDER420C入荷のご案内です。
「心拍は使わない、ケイデンスだけ付属されたモデルが欲しいんだあ」という声はよく聞きますのでね。
このセットは、本体とセンサーを別々に求めるより¥1500お安い価格設定となっています。日本国内限定のセットらしいですが、ナイスなセットだと思うのです。
税込み当店価格 ¥17130 なり。