FC2ブログ

今年最後となりました

今年の営業は本日が最終日となります。
新年は3日より営業させていただきます。来年もよろしくお願いいたしますね。

加齢と共に出かけることも減った展示会やセミナーなんですが、考えてみると今年は遂にゼロとなってしまいました。
確かにコロナ禍で中止となったイベントも多く、通常なら会場を設けてのイベントがオンライン形式となったりする事で出かける必要が無くなったとの理由も大きいですけど。
仕事柄リモートワークには無縁かと思っていたのですが、コレはある意味リモートワーク。
これが新鮮で私の場合通常の展示会より有意義で得る情報も多かったですねえ。通常のセミナーと違って、うたた寝する事もありませんでしたし。(笑
これは主催する側のオンライン形式でのイベント対応の力量による事も見逃せませんが、この感じなら来年以降もオンラインでの展示会&セミナーが是非希望です。
少なくとも選べると良いよね。

さて来年は選べる様な状況になるのでしょうかねえ。これが前提問題ですけど。
それでは皆様良いお年を。


年末ですので

今年1年を振り返ってみると、1月より騒動の始まった新型コロナに翻弄された1年でした。(厄介な事にこの騒動の収束は未だ見えず、いつまで続くのかという事が最大の問題ですよね。)
生活様式が様変わりして、経済にも深刻なダメージを与え続けているわけですが、自転車業界も例外では有りません。
と言っても自転車業界のダメージは、商品の入荷が大幅に遅れて売りたくても売れないとか、各種サイクルイベントの中止とかが主で、深刻なダメージを受けている業界から見れば、屁みたいなものなんでしょうけどね。

特に夏以降の商品の遅延は大きく、2021年モデルのデリバリーは驚くほど悪くなっています。
これは主に欧州での自転車需要拡大にパーツメーカーのデリバリーが追いつけないためパイの奪い合いが起き、少数ロットの日本向けは後回しにされているからとの事。
にわかに信じられない説明ですが、どうも真実らしいです。
こういう時には分母が小さいと助かりますよ。当店でのダメージは軽微であります。マジで。(苦笑

昨日は入荷が遅れていたラレーのCRBカールトンが入荷しました。
これも年明けかと言われていたんですが、思ったより早かったです。

crb-img_4.jpg

クラシック&モダンデザインを追求したドロップバーのツーリングバイク。細部に渡る凝ったデザインとオールシマノのパーツ構成は良心的作りで好感が持てます。(DISCブレーキキャリパーのみテクトロです。これは対抗ピストンを採用したいための選択なり。)
税込当店価格 ¥91,000 なり。クロモリロードでは抜群のコスパですね。

スポーク制作は・・・・・

本日のホイール組みは14インチのホイールであります。
ここまで小さいサイズになりますと100mm前後の長さですので、豊富に在庫している当店スポークキャビネットからの供給も難しくサイズを計算して1本1本スポークを制作する事となります。

これが正直トホホな作業なのですよ。
前輪と後輪片側ラジアルで106mmx20本と104mmx10本。後輪フリー側は2クロスで108mmx10本。
計40本を切り出してネジ山の制作となります。これは地道で面倒な作業なんですよ。
しかし小径ホイールですのでスポーク本数も少なく両輪で40本の制作で済みます。通常ホイールの半分強で済むと思えば気も楽になろうってもんですよ。

IMG_20201222_164907_1.jpg

無事完成。ホッとしましたね。
家内手工業的にはこれが限界の本数だね。

DIVERSION LF GLOVE

今週になってグッと冷え込んできましたね。
比較的温暖な静岡ですので、つい先日までは必要性を感じていなかった冬用グローブを装着するようになりましたよ。
私が現在愛用中のグローブは、コレであります。
A0002477_l.jpg

GIANT DIVERSION LF GLOVE
防水・防風・保温性で定評のある化学繊維が採用されているのは、今時のグローブでは当然のような装備なのですが手のひら部分に採用された天然羊革が良い塩梅なのですよ。バイク用グローブでは稀な存在ですよね。
防寒性能は並かと思うのですが、とにかくフィット感の良いグローブでお気に入りです。
税込¥5940 なり。

シャックルロック・R(ダイヤル式)

お尻のポケットに入れて持ち運ぶ事を想定したラウンド形状のU字ロック。
従来型はキー式のみの展開でしたが、待望のダイヤル式の登場です。

IMG_20201215_170609.jpg

ピストバイクが良く売れていた頃。あれは確か5年程前。
その時に登場していたらと悔やまれる商品だね。(苦笑

TRP HY/RD FLAT MOUNT

都合NEW ITEMのカテゴリーに入れましたが、これは数年前より販売されている商品です。それと言うのも先日初めて扱う機会が有り、想像以上に良い商品でありましたので記事にしている次第です。

IMG_20201211_103504.jpg

ワイヤー式のブレーキレバーを使いつつも、油圧DISCの性能を手に入れたい!
そういう要望を具現化した製品ですが、代表的なのはGIANTで出したCONDUCT HYDRAULIC DISC が有りましたが、トータル性能ではTRPの方が確実に上回っていると思います。
何が良いかというと、キャリパー単体で油圧システムが完結している事です。
せっかくのワイヤー引きなのに油圧ラインの施工も必要というのは微妙と思っていたんですよね。オイルラインから完全開放されている事はメンテナンスの面でも有利ですしね。
そして肝心の制動力は通常の油圧ブレーキに近い性能がある点で、これはGIANTのシステムと同等なイメージでありました。
じゃ、なんで数年マイナー暮らしなのかと考えてみると、前後揃えると2万円超えの価格に尽きるのかと思います。通常の油圧レバーシステムを天秤にかけたくなるお値段ですよね。
個人的には、実売で1万を少し超える位のお値段ならかなり売れるシステムかと思うんですよね。
今回も完成車にアッセンブルされていた為扱う機会があった訳で、完成車に採用される場合お値段的にはグッと魅力的な設定になるのが普通ですもんね。単品だと相対的に手を出しにくいと思うのです。

それと気になったのは、絶対的なオイル量の少なさからのオイル劣化の速さですかね。
こればかりは実用後の判断となる訳ですが。

スポーツポンチョ SCP-02

雨の日のレインウエアーは、カッパよりポンチョの方が圧倒的に使いやすいと思います。
が、スポーツバイクのポジションで使う場合、一般的なポンチョのデザインだと使いやすいとは言えないのも事実であります。
そこでスポーツバイクでの乗車に特化したデザインのポンチョの登場となるのであります。
これは良いですよ!



特にこのアイデアは、よく練られたデザインです。断然使いやすいと思うのです。

scp04.jpg

税込み当店価格¥6,980なり。