FC2ブログ

GIANT STRATUS LITE バーテープ

ホールド性に優れたバーテープとして発売以来人気のGIANTのSTRATUSバーテープ(人気の理由は優れたグリップ力と豊富なカラーに巻きやすさ、そして比較的安価なお値段設定かと)ですが、昨年末よりLITEという新型が発売されています。
A0002427_l.jpg
LITEという言葉どおり従来型より約30%の軽量化を実現したとの事。
定評あるグリップ感はそのままにより軽くなった新型。引き続き人気商品となる予感が・・・・。
3.0の方で税込当店価格 ¥2530と少し(¥400)高くなっています。
そこが少し残念。

SBS-250 シートバッグスタビライザー

2年ほど前よりジワジワと需要が高まり、店頭でもアイテムが増えてきたバイクパッキング用品ですが、最近ではこんなニッチ商品的なものも発売されています。
ミノウラ(MINOURA) SBS-250 シートバッグスタビライザー
VSqK6uiWlz582LPr7OHF9Qtj.jpg
キャリア不要の大容量サドルバッグは確かに目から鱗的に便利なものですが、どこか無理のある積載方法でもあります。
バイクの重心から外れた場所に重量物を積載すれば、安定感はより失われる事が容易に想像出来ますよね。
それに実際使った方の感想として、ダンシング時の不安定感が大きいとの意見も聞きますし。
EqJr9IsB5RU3Pxb47p6FwXtL.jpg
そんな訳で出来たこの商品。左右の振れが大きく軽減されると評判です。
サイドにはボトルケージに対応したマウントも2個付いていて税込当店価格¥2,200なり。
成る程と納得なアイテムかと思う次第です。
この商品を見ると、必要は発明の母という言葉が思い出されますねえ。

e Bike RIDGE RUNNER長期テスト 第17回

寒さに負ける最近ですが、ココ数日は比較的暖かいですので久しぶりの朝ライドを。
見慣れたお山も年末で柿がきれいに無くなって、殺風景な景色となってしまいましたねえ。

IMG_20190115_074900.jpg

そして日頃はほとんど触らないメーター表示ですが、珍しくあれやこれやと触っていると本日新たな発見が!
と言ってもごく常識的な事で、今更かよと突っ込まれそうですけどね。
我ながら気づくの遅くて情けないです。

IMG_20190115_135443.jpg

以前距離積算表示が1km単位だったのが、1km以下の100m単位で表示されるようにアップデートされたと書きましたが、これはODO(積算)とDST(当該距離)の表示の違いでした。

IMG_20190115_135543.jpg

DST画面ではKm以下のコンマ表示がされています。この違いを勘違いしてたんですね。

他にもこの様な勘違いは無いかと思い、ここで改めてメーターに表示される項目をまとめてみました。

IMG_20190115_135354.jpg

走行モード毎の走行可能距離がそれぞれ表示されます。
これは選択した走行モード毎に切り替えての表示も可能です。
それ以外には、

IMG_20190115_135421.jpg

最高速度表示

IMG_20190115_135415.jpg

平均速度表示
そして、停止中には選択画面さえ現れないのですが、走行中にはケイデンス表示も出来る事を発見。
(走行中でしたので、写真は有りませんけどね)
ホント、今更です。
お粗末な話で申し訳ないです。

FOX RANGER HELMET

FOX RANGER グリーンカモ 他にも8色展開中
18SP_20934_031_1.jpg
fox-ranger-camo-helmet-2018-black-camo-FO20934247-PAR-back.jpg

このヘルメット、FOXのエントリークラスのもので定価¥7500なり。
とてもそんな価格帯のモデルには見えませんねえ。
とても気の利いたデザインで、これは中級クラス以上のデザインだと思うのですよ。いやスバラシイです。
しかも頭全体をホールドするフィット感が良くて、日本人の頭にもフィットするんですよ。
ちょっと気の利いたデザインのヘルメットを被っていると、おっ!通だねえと思われるものです。
少なくとも初心者バイカーとは思われにくいです。そんなメリットも無視できませんよね。

FOXと言うとオフロードイメージがバリバリですが、これならクロスバイクでの通勤等にも似合いますね。
激しくオススメしたいモデルです。

新年早々縁起が良いのかも

永年自転車を毎日観ていますので、自転車に想定外のモノが付着している光景に出くわす事があります。
稼働頻度の低い自転車ですと、植物のツルがスポークに絡みついているなんて光景は良く見かけますが、時々動物関係の絡みつきもあるんですよね。
過去にはサドルの下の蜂の巣とか。(刺されて手がグローブ化しました(泣)
ブレーキワイヤーに付いたカマキリの卵とか。
変わったモノでは、BBシェルの中で死んでいたムカデとか。
これまで10年に一度位のペースでお目にかかってきたのですが、本日は季節外れのこんなモノを拝ませていただきましたよ。

IMG_20181229_140505.jpg

セミの抜け殻です。
確か生涯2回めのご対面ですかね。
約一年ぶりに稼働させようとした自転車のパンク修理中に発見したものですが、錆びたスポークに溶け込んだお姿は、さほど違和感の無い文字通り自然な感じでしたよ。
果たして縁起がどうかは不明ですがね。(笑

謹賀新年

00000387.png
本日より営業させていただいています。今年もよろしくお願いしますね。

BEタイヤ

平成も今年が30年。その平成がもうすぐ終わろうとしています。
という事は、チョイと前に終わったと思った昭和から既に30年も経過したという事です。
ホントかねえ。信じ難いです。
歳取るはずだよねえ。(苦笑

今日の話題は何故この様な振りかというと、本日入荷のこんなブツのせいであります。

IMG_20181228_172512.jpg

今ではすっかり珍しい耳付きタイヤを仕入れましたよ。
前回仕入れた時は箱単位(10本入り)で入れましたが、今回は写真の1ペアを仕入れました。
耳付きタイヤが採用されたBEリムの実用自転車は、昭和時代で生産が終わっていますので年々需要は減る一方ですのでね。
今では文字通り実用として使う自転車は、電動自転車等にシフトしてますので、仕事で実用車を使う方もホント激減いたしました。
当店の場合、最近ではそれこそ年に1本の消費といったペースになっていますかね。

このタイヤは交換にもコツがいる作業で、滅多に交換しない最近ではスムーズに交換出来るか不安になる位なんですよ。
しかしです。
体が覚えているんでしょうねえ。自然と体が動いてなんとかなるもんです。
自分はもしかして職人さんなのかも。
なんて思う時であります。
そして、もしかしたらこれが最後の耳付きタイヤ交換作業になるのかも。なんて考えたりする最近なのですよ。

都合今回の記事で今年最後の更新になると思いますが、今年もお世話になりありがとうございました。
(お店は30日まで営業していますよ)
こんな感じで来年も営業させて頂くつもりです。懲りずにお付き合いください。
よろしくお願いいたしますね。