FC2ブログ

FLRシューズ入荷

イスラエルのサイクリングシューズ「FLR」が入荷いたしました。
スポーツシューズ全般を作る同社ですので、バイク用シューズのラインナップも豊富です。その中でも独創的&秀逸な商品はコレではないかと思うのです。
f-55_knit_2.jpg
    F-55 KNIT
ニット素材採用シューズのエントリーグレードモデルが「F-55ニット」であります。
強化ナイロンストリングを三層に編み込んだアッパーは、高い耐久性と通気性が特徴です。そして何よりもデザイン性が良いと思うのですよ。カジュアルなデザインですので、日常使いに溶け込みそうで好感持てますよね。
ソールはマウンテン用ですが、そのお陰でSPDクリートが使えますのでツーリングシーンで重宝しますしね。
そしてコスパも良くて、お値段が税込当店価格¥9,400なり。
これは魅力的な設定ですよ。

CATEYE AMPP300

売り場での存在感が減少傾向なCATEYE製品でありますが、最近動きの良い商品があります。
それは何かと聞かれたなら、AMPP300と答えるのであります。

IMG_20210409_142428.jpg

待ちわびたスマッシュヒット商品ですよ、これは!
従来明るい充電式ライトはCATEYEの場合VOLTシリーズなのですが、昨年より販売開始となったAMPPシリーズ。
コスパの良い性能が魅力なのですが、中でも300ルーメンの明るさを確保しつつ税込当店価格が¥3470という、お求めやすい価格設定のAMPP300の動きが良いのです。
カラーも5色展開(1番人気の黒は欠品中ですけど)。シャープなデザインも悪くないですもんね。
オススメです。

CATEYE マグネットレスセンサー

サイコンでスピードセンサーやケイデンスセンサーを使う場合は、従来ならマグネットをホイールなりクランクに仕込んで・・・・。
それも遠い昔の話ですねえ。というのが普通になっている時代なのですが、CATEYEからもそれに対応する商品が発売されています。(待ちくたびれたよと言われそうですね。)
その名も分かりやすい マグネットレススピードセンサーとマグネットレスケイデンスセンサーであります。

IMG_20210406_155350.jpg

BluetoothとANT+に対応したり駆動時間や耐水性も競合他社製品と同じ様な感じです。
価格はどちらも定価で¥4,950なりですが、ペアになったモノが少しお得な¥8,800との設定。
当店ではコチラの方のみ(税込当店価格¥7,920)を在庫していますよ。

春も一段落

先月頭に、AdobeのFlash Playerのサポートが終了したとの理由から弊社利用のホームページ作成ソフトによる更新作業が出来ないとご報告いたしましたが、昨日より復旧いたしました。メデタシメデタシ。
シンプルにトップページのみの展開です。
お世話になったフッチーありがとうね。
41909.jpg
               ( 3年程続いた旧デザイン)

そんな事も相まって、ブログの方のデザインも変更しましたよ。
コチラも変えないと変わったような気がしないという理由と、新しいテンプレートの方が内容が盛りだくさんな感じに見えますので。
なんだか苦肉の策的ですがね。(苦笑
春も一段落しましたので、今月より通常通りの更新頻度に戻る予定です。

141mmQRブースト

大きくなったホイールの剛性確保の為に生まれたブースト規格ですが、大半の製品はスルーアクスル仕様のハブとなっています。しかし完成車の一部には従来型のQRデザインのハブながらブースト仕様というのもあります。
従来は135mmQRだったものがブーストとなって141mmQRとなっているのですね。
これらが採用された完成車は入門用のバイクが大半ですが、フランジ幅はブースト分をきっちり広げられた本格仕様となっています。当然ですよね。
交換用ハブもシマノからデリバリーされています。
FH-MT200-B
fhmt200b.jpg

入門用ですので、ALTUS グレードとなります。
価格も¥2000以下の設定で内容の割にとても良心的ですね。
残念ながら32Hは5月末まで欠品中。
滅多に需要のない36Hでしたら在庫していますがね。(泣

摩耗して消えてます

ブレーキパッドが摩耗するという事は、パッドのお相手であるDISCブレーキならDISCローターが、リムブレーキならリムのサイド面も摩耗するという事です。
以前のブログエントリーで摩耗が進んで崩壊したアルミリムや、歪んだDISCローターをご紹介した記憶があるのですが、本日ご紹介するDISCローターはそこまで摩耗が進行していません。
しかしもう限界。要交換な状態であるのは確かな状態です。

IMG_20210309_151207.jpg
     (左が限界を迎えたローター、右は交換する新品ね)
摩耗したローターは、厚みも無くなって、もう少しでカミソリレベルです。
試しに重量を測ったら新品が121g、摩耗した方が84gでありました。何と!30%もの質量が消えてしまった計算となります。
昔はバイクの軽量化で肉抜き加工が流行った事もありましたので、前後で約74gの軽量化出来てラッキー♪(ローラーふう・・・もう古いかも)
こればかりは脳天気にそう言えませんよね。

DAVOS・グラベルケージ

少し太めの金属パイプ性のボトルケージは、その材質がアルミですので見た目ほど重くありませんし、シルエットは少々無骨な感じになります。
そんな訳でツーリング向けのバイク、それこそ今時ですと、グラベルロードとかに似合うデザインなのかと思います。
そんな用途向けに今まではZEFALのパルスフルアルミというモデルを在庫していたのですが、最近こちらの製品に変えてみましたよ。
DAVOS・グラベルケージ
3_000000017786.jpg
ダボスブランドですが、安定のミノウラ製(MADE IN JAPANです)の製品となります。
ZEFALは中国製でしたが、お値段も同等に設定された税込当店価格¥990なり。
仕上げも綺麗で魅力的です。競争力アリな感じですね!